スバルBRZ tS GT PACKAGE(FR/6MT)/BRZ tS(FR/6AT)

後輪駆動でも“狙い”は同じ 2013.10.28 試乗記 スバルのモータースポーツ部門、STIが手掛けたコンプリートカー「スバルBRZ tS」に試乗。STIが料理したFRスポーツの味とは?

チューニングのメインはシャシー

これを待っていたマニアは少なくないはずだ。スバル直系の特別料理人集団「STI」が、あの「スバルBRZ」に初めて手をつけた。
BRZの双子車である「トヨタ86(ハチロク)」のほうは「アフターメーカーを意図的に刺激・支援して、市場を盛り上げる」というトヨタの戦略もあって、早くからモディファイ業界が活発に動いた。しかし、STIはBRZと同等以上に熱く認知された「インプレッサWRX STI」を抱えていたし、また富士重工本体にも、トヨタとすみ分けを考えてか、BRZの戦略に逡巡(しゅんじゅん)があったと聞く。この「スバル初の本格スポーツカー」に対するSTIの動きが、なんとなく鈍かった気がするのには、そんな理由もあるようだ。

今回のコンプリートカーに付与される“tS”という名称は、STIの商品ラインナップでは「エンジンには手を入れず、イジるのはシャシーと内外装のみ。その味つけはあくまで、ストリートで本領を発揮するのがねらい」といったところである。エンジンにまで手を入れる“S○○○”や“R○○○”よりも、ライトな内容なのがtSの特徴である。
限定数は最近のSTIモノとしては多めの合計500台。そして、そのうちの250台を上限として、ハードウエアの基本内容はそのままに、レカロ製バケットタイプシート、ドライカーボンリアスポイラー、ブラック塗装アルミホイールなどを標準装備(WRXでいう“NBR”モデル相当の内容)した“GT PACKAGE”も用意される。

STIのコンプリートカーといえば、特に歴代のWRXベースモデルは「発表から考える間もなく完売」となって、ここで紹介する頃にはもう買えない……というケースが多かった。しかし、今回の「BRZ tS」は現時点でも受注残に余裕があるとか。すでに絶対の信用とコアなファン層を獲得しているWRXとは異なり、BRZは初モノゆえにじっくり吟味される傾向にあるのだろう。まあ、いざ「まだ買えますよ」といわれると拍子ぬけした気分になるのも否定しないが、購入を本気で検討している人には、こうしてわずかでも考える時間が残されているのは素直に朗報である。

STIが初めて手掛けた「スバルBRZ」のコンプリートカーが「BRZ tS」。詳細な仕様や装備などが気になる方は、こちらのニュースをどうぞ。
インテリアもSTIが特別にコーディネート。サイドシルやステアリングホイール、スタータースイッチなど、随所に「tS」や「STI」のロゴがあしらわれている。
「SUPER GTのGT300クラスで戦うレーシングカーのイメージを取り入れた」という「GT PACKAGE」には、カーボン製のリアスポイラーやブラック塗装のアルミホイールなどが装備される。

STIのコンプリートカーの中でも「tS」シリーズはかつての「tuned by STI」シリーズの後継にあたるもの。基本的にはエンジンには手を付けず、シャシーやボディーのみをチューニングしたものとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)/スバルBRZ GTプロトタイプ(FR/6MT)【試乗記】 2016.7.5 試乗記 スバルのFRスポーツカー「BRZ」が、デビュー5年目にしてビッグマイナーチェンジを受けた。エンジン、ボディー、足まわりと、いたるところに改良を施したエンジニアのもくろみとは? クローズドコースで試した走りの実力を報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る