スバルBRZ tS GT PACKAGE(FR/6MT)/BRZ tS(FR/6AT)

後輪駆動でも“狙い”は同じ 2013.10.28 試乗記 スバルのモータースポーツ部門、STIが手掛けたコンプリートカー「スバルBRZ tS」に試乗。STIが料理したFRスポーツの味とは?

チューニングのメインはシャシー

これを待っていたマニアは少なくないはずだ。スバル直系の特別料理人集団「STI」が、あの「スバルBRZ」に初めて手をつけた。
BRZの双子車である「トヨタ86(ハチロク)」のほうは「アフターメーカーを意図的に刺激・支援して、市場を盛り上げる」というトヨタの戦略もあって、早くからモディファイ業界が活発に動いた。しかし、STIはBRZと同等以上に熱く認知された「インプレッサWRX STI」を抱えていたし、また富士重工本体にも、トヨタとすみ分けを考えてか、BRZの戦略に逡巡(しゅんじゅん)があったと聞く。この「スバル初の本格スポーツカー」に対するSTIの動きが、なんとなく鈍かった気がするのには、そんな理由もあるようだ。

今回のコンプリートカーに付与される“tS”という名称は、STIの商品ラインナップでは「エンジンには手を入れず、イジるのはシャシーと内外装のみ。その味つけはあくまで、ストリートで本領を発揮するのがねらい」といったところである。エンジンにまで手を入れる“S○○○”や“R○○○”よりも、ライトな内容なのがtSの特徴である。
限定数は最近のSTIモノとしては多めの合計500台。そして、そのうちの250台を上限として、ハードウエアの基本内容はそのままに、レカロ製バケットタイプシート、ドライカーボンリアスポイラー、ブラック塗装アルミホイールなどを標準装備(WRXでいう“NBR”モデル相当の内容)した“GT PACKAGE”も用意される。

STIのコンプリートカーといえば、特に歴代のWRXベースモデルは「発表から考える間もなく完売」となって、ここで紹介する頃にはもう買えない……というケースが多かった。しかし、今回の「BRZ tS」は現時点でも受注残に余裕があるとか。すでに絶対の信用とコアなファン層を獲得しているWRXとは異なり、BRZは初モノゆえにじっくり吟味される傾向にあるのだろう。まあ、いざ「まだ買えますよ」といわれると拍子ぬけした気分になるのも否定しないが、購入を本気で検討している人には、こうしてわずかでも考える時間が残されているのは素直に朗報である。

STIが初めて手掛けた「スバルBRZ」のコンプリートカーが「BRZ tS」。詳細な仕様や装備などが気になる方は、こちらのニュースをどうぞ。
STIが初めて手掛けた「スバルBRZ」のコンプリートカーが「BRZ tS」。詳細な仕様や装備などが気になる方は、こちらのニュースをどうぞ。
インテリアもSTIが特別にコーディネート。サイドシルやステアリングホイール、スタータースイッチなど、随所に「tS」や「STI」のロゴがあしらわれている。
インテリアもSTIが特別にコーディネート。サイドシルやステアリングホイール、スタータースイッチなど、随所に「tS」や「STI」のロゴがあしらわれている。
「SUPER GTのGT300クラスで戦うレーシングカーのイメージを取り入れた」という「GT PACKAGE」には、カーボン製のリアスポイラーやブラック塗装のアルミホイールなどが装備される。
「SUPER GTのGT300クラスで戦うレーシングカーのイメージを取り入れた」という「GT PACKAGE」には、カーボン製のリアスポイラーやブラック塗装のアルミホイールなどが装備される。

STIのコンプリートカーの中でも「tS」シリーズはかつての「tuned by STI」シリーズの後継にあたるもの。基本的にはエンジンには手を付けず、シャシーやボディーのみをチューニングしたものとなる。


    STIのコンプリートカーの中でも「tS」シリーズはかつての「tuned by STI」シリーズの後継にあたるもの。基本的にはエンジンには手を付けず、シャシーやボディーのみをチューニングしたものとなる。
関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
ホームへ戻る