三菱ミラージュに新グレード キティの装備も

2013.10.25 自動車ニュース
「三菱ミラージュS」
「三菱ミラージュS」

「三菱ミラージュ」に新グレード 「ハローキティ」のオプションも

三菱自動車は2013年10月24日、コンパクトカー「ミラージュ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「S」を設定し、発売した。

「ハローキティ 40thアニバーサリーパッケージ」装着車(以下同じ)
「ハローキティ 40thアニバーサリーパッケージ」装着車(以下同じ)

三菱ミラージュに新グレード キティの装備もの画像
「ハローキティ 40thアニバーサリーパッケージ」には、写真のリボンをあしらったホイールカバーや「ハローキティ」柄の専用シートカバーのほか、オリジナルデカール、オープントレイアクセントマットなどが含まれる。
「ハローキティ 40thアニバーサリーパッケージ」には、写真のリボンをあしらったホイールカバーや「ハローキティ」柄の専用シートカバーのほか、オリジナルデカール、オープントレイアクセントマットなどが含まれる。

今回、これまで無かったリアシート中央席のヘッドレストが、SRSサイド&カーテンエアバッグと安心パッケージ(アクティブスタビリティーコントロール、ヒルスタートアシスト、ブレーキアシスト、寒冷地仕様)とのセットオプションとして用意された。また、ベーシックグレード「E」を除き、フロントドア部の「99%UVカットガラス」が標準装備となった。
いっぽう「E」には、ビジネスシーンでの利便性を高めた、7万3500円の「ビジネス向けパッケージ」(電動格納式リモコンドアミラー、リバース連動リアオートワイパー、リアドアおよびテールゲート部のプライバシーガラス、スペアタイヤ、フルホイールカバー)が設定された。

上記の99UVカットガラスやプライバシーガラス(リアドア、テールゲート)、パワーウィンドウ(運転席セーフティー機構付きワンタッチ式)、電動格納式リモコンドアミラーに加え、ABS、エマージェンシーストップシグナルシステムなどの基本装備を充実させつつ価格を抑えたという、「S」グレードが新設されたのもニュース。

あわせて、人気キャラクター「ハローキティ」の生誕40周年を記念した、ミラージュ専用のパッケージオプション「ハローキティ 40thアニバーサリーパッケージ」(11万6970円。工賃込み)も、同年11月1日に400セット限定で販売される。

価格は、以下の通り。
・E:99万9600円
・S:112万4550円
・M:119万9100円
・G:129万9900円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
ホームへ戻る