「スバル・ステラ」にターボ搭載の新グレード

2013.10.28 自動車ニュース

「スバル・ステラLS」


    「スバル・ステラLS」

「スバル・ステラ」にターボ搭載の新グレード

富士重工業は2013年10月28日、軽乗用車「スバル・ステラ」に一部改良を実施するとともに、ターボエンジン搭載グレードを追加設定し、発売した。

「スバル・ステラLS」のインテリア。
「スバル・ステラLS」のインテリア。

「スバル・ステラ」にターボ搭載の新グレードの画像

ステラは、スバルがダイハツからOEM供給を受ける「ダイハツ・ムーヴ」の姉妹モデルである。

今回の変更は、先だってムーヴに実施された一部改良に準じたもので、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させて後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を全車に採用。ボディーカラーに「ファイアークォーツレッドメタリック」「プラムブラウンクリスタルマイカ」の2色を追加設定(ステラのみ)した。

また、これまで「ステラカスタム」にしか設定のなかったターボエンジン搭載グレードをステラにも設定。インテリアにはタコメーター付きの3眼ルミネセントメーターを採用している。

新グレードの価格は、以下の通り。
・LS(FF/CVT):125万9500円
・LS(4WD/CVT):138万500円
・LSスマートアシスト(FF/CVT):130万9500円
・LSスマートアシスト(4WD/CVT)143万500円(4WD)

このほかのグレードのラインナップと価格は、これまでと同じ。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2011.7.12 試乗記 ……136万円
    総合評価……★★★

    ダイハツからのOEM車として生まれ変わった「スバル・ステラ」シリーズ。その中身にスバルらしさは感じられるのか? スポーティグレードに試乗し、確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 「スバル・ステラカスタム」に135万円の新グレード登場 2016.6.21 自動車ニュース スバルが軽乗用車「ステラ」を一部改良。「カスタム」に装備を簡素化し、価格を抑えた新グレード「F」を設定したほか、メーカーオプションである「プレミアムセレクション」「ブラックインテリアセレクション」の配色や装飾パネルの意匠を変更した。
ホームへ戻る