「スバル・ステラ」にターボ搭載の新グレード

2013.10.28 自動車ニュース

「スバル・ステラLS」


    「スバル・ステラLS」

「スバル・ステラ」にターボ搭載の新グレード

富士重工業は2013年10月28日、軽乗用車「スバル・ステラ」に一部改良を実施するとともに、ターボエンジン搭載グレードを追加設定し、発売した。

「スバル・ステラLS」のインテリア。
「スバル・ステラLS」のインテリア。

「スバル・ステラ」にターボ搭載の新グレードの画像

ステラは、スバルがダイハツからOEM供給を受ける「ダイハツ・ムーヴ」の姉妹モデルである。

今回の変更は、先だってムーヴに実施された一部改良に準じたもので、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させて後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を全車に採用。ボディーカラーに「ファイアークォーツレッドメタリック」「プラムブラウンクリスタルマイカ」の2色を追加設定(ステラのみ)した。

また、これまで「ステラカスタム」にしか設定のなかったターボエンジン搭載グレードをステラにも設定。インテリアにはタコメーター付きの3眼ルミネセントメーターを採用している。

新グレードの価格は、以下の通り。
・LS(FF/CVT):125万9500円
・LS(4WD/CVT):138万500円
・LSスマートアシスト(FF/CVT):130万9500円
・LSスマートアシスト(4WD/CVT)143万500円(4WD)

このほかのグレードのラインナップと価格は、これまでと同じ。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る