ホンダ・アコード プラグインハイブリッド(FF)

ここから反撃が始まる 2013.11.06 試乗記 充電機能を備えた「ホンダ・アコード プラグインハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドならではの可能性と、今後の課題を探る。

システムの核はハイブリッドと一緒

ハイブリッド車(HV)の戦略で、長らくトヨタの後塵(こうじん)を拝してきたホンダが、怒濤(どとう)の反撃を開始した。その大将が新型「アコード」、特にプラグインハイブリッド車(PHV)だ。現時点で選べば、新時代ビッグセダンの最高峰かもしれない。そのうえで、先代アコードの大きさだったら理想的というのは、無いものねだりだろうか。

全長4.9m以上まで大型化してしまったのは、「インスパイア」(生産終了)と一本化したため。北米市場での高い人気を考えれば仕方ないかもしれない。そんな新型アコード、取りあえず基本は「ハイブリッド」(365~390万円)だが、今回ここでは「プラグインハイブリッド」に注目。500万円と高価だし、まだ一部の法人向けリース販売のみだが、これから訪れる時代を見据え、ホンダの志が濃~く表れているからだ(年末までには一般向けのリース市販も始まるといううわさあり)。

HVもPHVも、シリーズハイブリッドという方式は共通。もっぱらモーターが車輪を駆動し、エンジンは基本的に発電に専念する。さらに外部のコンセントから充電できるPHVは実用走行でエンジンを働かせない場面が多く、実質的にはレンジエクステンダーEVともいえる。高速巡航などではエンジンも楽々と仕事ができるし、モーターの高回転トルクも細くなるため、裏で直結クラッチがつながって臨時のエンジン車にもなるが、あくまで例外。変速機がない、つまりエンジンとファイナル(デフ)が直結ということは、普通の5速か6速のレシオしかないわけで、だいたい70km/h以下では役に立たないのだ。

全長×全幅×全高=4915×1850×1465mmという堂々としたボディーサイズの「ホンダ・アコード」。2013年10月現在、日本で買える唯一のホンダ製セダンでもある。
全長×全幅×全高=4915×1850×1465mmという堂々としたボディーサイズの「ホンダ・アコード」。2013年10月現在、日本で買える唯一のホンダ製セダンでもある。
インテリアカラーは、「アコード ハイブリッド」が黒を基調としているのに対し、「アコード プラグインハイブリッド」はグレーとベージュのツートンカラーを採用している。
インテリアカラーは、「アコード ハイブリッド」が黒を基調としているのに対し、「アコード プラグインハイブリッド」はグレーとベージュのツートンカラーを採用している。
足元は一見スチールホイール+フルホイールキャップに見えるが、さにあらず。軽量な鍛造アルミホイールに、空力に配慮したデザインのホイールキャップをかぶせてあるのだ。
足元は一見スチールホイール+フルホイールキャップに見えるが、さにあらず。軽量な鍛造アルミホイールに、空力に配慮したデザインのホイールキャップをかぶせてあるのだ。
2リッター直4エンジンとモーターを組み合わせたパワートレインは、基本的に「アコード ハイブリッド」と共通。ジェネレーターはエンジンとモーターの間に挟まるように搭載されている。
2リッター直4エンジンとモーターを組み合わせたパワートレインは、基本的に「アコード ハイブリッド」と共通。ジェネレーターはエンジンとモーターの間に挟まるように搭載されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る