ホンダ・アコード プラグインハイブリッド(FF)

ここから反撃が始まる 2013.11.06 試乗記 充電機能を備えた「ホンダ・アコード プラグインハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドならではの可能性と、今後の課題を探る。

システムの核はハイブリッドと一緒

ハイブリッド車(HV)の戦略で、長らくトヨタの後塵(こうじん)を拝してきたホンダが、怒濤(どとう)の反撃を開始した。その大将が新型「アコード」、特にプラグインハイブリッド車(PHV)だ。現時点で選べば、新時代ビッグセダンの最高峰かもしれない。そのうえで、先代アコードの大きさだったら理想的というのは、無いものねだりだろうか。

全長4.9m以上まで大型化してしまったのは、「インスパイア」(生産終了)と一本化したため。北米市場での高い人気を考えれば仕方ないかもしれない。そんな新型アコード、取りあえず基本は「ハイブリッド」(365~390万円)だが、今回ここでは「プラグインハイブリッド」に注目。500万円と高価だし、まだ一部の法人向けリース販売のみだが、これから訪れる時代を見据え、ホンダの志が濃~く表れているからだ(年末までには一般向けのリース市販も始まるといううわさあり)。

HVもPHVも、シリーズハイブリッドという方式は共通。もっぱらモーターが車輪を駆動し、エンジンは基本的に発電に専念する。さらに外部のコンセントから充電できるPHVは実用走行でエンジンを働かせない場面が多く、実質的にはレンジエクステンダーEVともいえる。高速巡航などではエンジンも楽々と仕事ができるし、モーターの高回転トルクも細くなるため、裏で直結クラッチがつながって臨時のエンジン車にもなるが、あくまで例外。変速機がない、つまりエンジンとファイナル(デフ)が直結ということは、普通の5速か6速のレシオしかないわけで、だいたい70km/h以下では役に立たないのだ。

全長×全幅×全高=4915×1850×1465mmという堂々としたボディーサイズの「ホンダ・アコード」。2013年10月現在、日本で買える唯一のホンダ製セダンでもある。
全長×全幅×全高=4915×1850×1465mmという堂々としたボディーサイズの「ホンダ・アコード」。2013年10月現在、日本で買える唯一のホンダ製セダンでもある。
インテリアカラーは、「アコード ハイブリッド」が黒を基調としているのに対し、「アコード プラグインハイブリッド」はグレーとベージュのツートンカラーを採用している。
インテリアカラーは、「アコード ハイブリッド」が黒を基調としているのに対し、「アコード プラグインハイブリッド」はグレーとベージュのツートンカラーを採用している。
足元は一見スチールホイール+フルホイールキャップに見えるが、さにあらず。軽量な鍛造アルミホイールに、空力に配慮したデザインのホイールキャップをかぶせてあるのだ。
足元は一見スチールホイール+フルホイールキャップに見えるが、さにあらず。軽量な鍛造アルミホイールに、空力に配慮したデザインのホイールキャップをかぶせてあるのだ。
2リッター直4エンジンとモーターを組み合わせたパワートレインは、基本的に「アコード ハイブリッド」と共通。ジェネレーターはエンジンとモーターの間に挟まるように搭載されている。
2リッター直4エンジンとモーターを組み合わせたパワートレインは、基本的に「アコード ハイブリッド」と共通。ジェネレーターはエンジンとモーターの間に挟まるように搭載されている。
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る