スバル、SUV「XV」の一部仕様を変更

2013.10.29 自動車ニュース
「スバルXV 2.0i-L EyeSight」

スバル、SUV「XV」の一部仕様を変更

富士重工業は2013年10月29日、「スバルXV」の一部仕様を変更し、同年11月12日に発売すると発表した。


 

今回、「スバルXV」の足まわりについて、ダンパーの減衰力が見直された。これにより、快適で安定感のある走りを実現したという。
あわせて、以下の仕様変更も実施されている。

・遮音材の強化とエンジン音の低減による、静粛性の向上
・ステアリングホイール周辺のデザイン変更および質感向上
・電動パワーステアリングのチューニングや制振性能の向上により、軽快で安定感のあるハンドリングを実現
・助手席に、新たに電動調節機構を採用

ラインナップと価格は以下の通り。
・2.0i:219万4500円
・2.0i-L:238万3500円
・2.0i-L EyeSight:248万8500円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る