スバルが「フォレスター」を一部改良

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0i-L EyeSight」
「スバル・フォレスター2.0i-L EyeSight」

スバルが「フォレスター」を一部改良

富士重工業は2013年10月29日、SUV「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、電動テールゲートやSRSカーテン&サイドエアバッグの設定対象グレードを大幅に拡大。また、これまでターボ車のみに設定していたスポーツタイプメーター、アルミパッド付きスポーツペダルなどを、自然吸気エンジン搭載車の「2.0i-S EyeSight」にも採用した。

このほかにも、「2.0i-L」「2.0i-L EyeSight」に切削光沢仕上げの17インチアルミホイールを採用。ボディーカラーには新たに「ジャスミングリーン・メタリック」を設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・2.0i:208万9500円
・2.0i-L:240万4500円
・2.0i-L EyeSight:250万9500円
・2.0i-S EyeSight:274万500円
・2.0XT:283万1850円
・2.0XT EyeSight:293万6850円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」の会場から 2016.2.15 画像・写真 2016年2月上旬、北海道千歳市にある新千歳モーターランドを拠点に、報道関係者向けの「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」が開催された。会場に並んだ、さまざまなスバル車の走りと技術的ハイライトを、写真とともにリポートする。
  • スバル・フォレスターS-Limited/フォレスター2.0i-L EyeSight/フォレスター2.0XT EyeSight【試乗記】 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」が、デビューから3年を経てマイナーチェンジを受けた。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試す。
ホームへ戻る