第62回:理想に燃えていた彼は、ボロいワゴンに乗っていた……
『スティーブ・ジョブズ』

2013.10.30 エッセイ

ジョブズ生き写しの顔で「ポルシェ928」に乗る

「Macの筐体(きょうたい)はフォルクスワーゲンではなく、ポルシェのようであるべきだ」
1980年当時、スティーブ・ジョブズがそう話していたということを、インプレッション記事で取り上げたことがある。この映画の中にも、ジョブズが「ポルシェ928」を自ら運転するシーンがあった。『スティーブ・ジョブズ』は2011年にこの世を去った希代のビジョナリーを描いた作品で、ごく最近の話だけにリアリティーの追求には気合が入っている。

何より、実在の人物が憑依(ひょうい)したかのような俳優陣が素晴らしい。ジョブズ役のアシュトン・カッチャーなんか、本当に生き写しだ。ちょっと覇気の足りないハンパなイケメンという、従来のイメージを覆す怪演である。若い頃のいけ好かないイケイケ野郎時代から、晩年の弱々しくて思慮深そうなたたずまいまで、見事に演じ分けている。滝川クリステルのパフォーマンスの元ネタと言われる合掌ボーズなど、本人より本人らしい。『キス&キル』でゴールデンラズベリー賞を受賞した黒歴史を、これで吹っ切ることができるかもしれない。

ジョブズ以外も、顔面相似度は高い。ジョン・スカリーやビル・アトキンソン、ギル・アメリオあたりはかなり高得点だ。惜しむらくは、スティーブ・ウォズニアックの素朴で武骨な類人猿系天才ぶりの再現度が足りない。それでも“そっくりショー”としてはかなりレベルの高い仕上がりである。少し前に公開された『ダイアナ』で、ナオミ・ワッツの好演にもかかわらず顔の骨格がダイアナ妃とあまりに違うことが雑音になってしまったのと好対照だ。

(C)2013 The Jobs Film,LLC.
(C)2013 The Jobs Film,LLC.

第62回:理想に燃えていた彼は、ボロいワゴンに乗っていた……『スティーブ・ジョブズ』の画像

第62回:理想に燃えていた彼は、ボロいワゴンに乗っていた……『スティーブ・ジョブズ』の画像
「ポルシェ928」
1977年に「911」に代わるモデルになることを期待されて登場したグランドツアラー。水冷のV8エンジンをフロントに搭載し、トランスアクスルを介して後輪を駆動する。911の愛好者からは高い評価を受けることなく、1995年に生産が中止された。
「ポルシェ928」
    1977年に「911」に代わるモデルになることを期待されて登場したグランドツアラー。水冷のV8エンジンをフロントに搭載し、トランスアクスルを介して後輪を駆動する。911の愛好者からは高い評価を受けることなく、1995年に生産が中止された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。