ブラックがポイントの「スバル・レガシィ」登場

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・レガシィ ツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight」
「スバル・レガシィ ツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight」

ブラックがポイントの「スバル・レガシィ」登場

富士重工業は2013年10月29日、「スバル・レガシィ ツーリングワゴン」と「レガシィB4」に特別仕様車「2.0GT DIT spec.B EyeSight」を設定し、同年11月28日に発売すると発表した。

「スバル・レガシィB4 2.0GT DIT spec.B EyeSight」
「スバル・レガシィB4 2.0GT DIT spec.B EyeSight」

ブラックがポイントの「スバル・レガシィ」登場の画像

今回の特別仕様車は、2リッター直噴ターボエンジンを搭載した「2.0GT DIT EyeSight」をベースに、黒を基調とした内外装アイテムを採用したものである。

具体的な特別装備は以下の通り。

・18インチ(ブラック塗装+切削光輝)アルミホイール
・電動格納式リモコンドアミラー(ブラック)
・カラードリアゲートガーニッシュ(ツーリングワゴンに特別装備、B4に標準装備)
・マルチインフォメーションディスプレイ付きルミネセントメーター(260km/h表示)
・シルバーカーボン調加飾パネル(スクエアバイアス)
・ブラックルーフトリム&ピラートリム

価格はツーリングワゴンが348万6000円、B4が332万8500円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る