ブラックがポイントの「スバル・レガシィ」登場

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・レガシィ ツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight」
「スバル・レガシィ ツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight」

ブラックがポイントの「スバル・レガシィ」登場

富士重工業は2013年10月29日、「スバル・レガシィ ツーリングワゴン」と「レガシィB4」に特別仕様車「2.0GT DIT spec.B EyeSight」を設定し、同年11月28日に発売すると発表した。

「スバル・レガシィB4 2.0GT DIT spec.B EyeSight」
「スバル・レガシィB4 2.0GT DIT spec.B EyeSight」

ブラックがポイントの「スバル・レガシィ」登場の画像

今回の特別仕様車は、2リッター直噴ターボエンジンを搭載した「2.0GT DIT EyeSight」をベースに、黒を基調とした内外装アイテムを採用したものである。

具体的な特別装備は以下の通り。

・18インチ(ブラック塗装+切削光輝)アルミホイール
・電動格納式リモコンドアミラー(ブラック)
・カラードリアゲートガーニッシュ(ツーリングワゴンに特別装備、B4に標準装備)
・マルチインフォメーションディスプレイ付きルミネセントメーター(260km/h表示)
・シルバーカーボン調加飾パネル(スクエアバイアス)
・ブラックルーフトリム&ピラートリム

価格はツーリングワゴンが348万6000円、B4が332万8500円

(webCG)
 

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)... 2017.3.21 試乗記
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記