スズキから軽規格のクロスオーバー車が登場【東京モーターショー2013】

2013.10.29 自動車ニュース
「スズキ HUSTLER(ハスラー)」
「スズキ HUSTLER(ハスラー)」

【東京モーターショー2013】スズキから軽規格のクロスオーバー車が登場

スズキは2013年10月29日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)で出展を予定している「HUSTLER(ハスラー)」の概要を発表した。

ハスラーは、アウトドアレジャーを趣味に持つアクティブなユーザーを想定した、軽規格のクロスオーバー車である。

スタイリングはカクカクとしたSUVテイストの強いもので、ツートンカラーのルーフや大径タイヤ、高い最低地上高などが特徴。ボディーの各所にメッキとシルバーパーツをあしらっている。

一方インテリアでは、シートにボディーカラーに合わせたパイピングを採用。テーブル機能付きのインパネボックスや防水加工のラゲッジルームなど、アウトドアでの使い勝手に優れた機能や装備を取り入れている。

駆動方式はFFと4WDの2種類で、4WD車にはタイヤの空転を防いで悪路を脱する「グリップコントロール」や、ヒルディセントコントロールなどを採用している。また、レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)や誤発進抑制制御、横滑り防止装置など、安全装備も充実。「エネチャージ」に代表されるさまざまな環境技術も導入しており、燃費性能はFF車で29.0km/リッター(JC08モード)以上を目指すとのこと。

また、スズキではハスラーに加え、同車をベースに専用のエクステリアデザインを採用した、「HUSTLER Coupe(ハスラークーペ)」の出展も予定している。

「HUSTLER Coupe(ハスラークーペ)」
「HUSTLER Coupe(ハスラークーペ)」

スズキから軽規格のクロスオーバー車が登場【東京モーターショー2013】の画像

スズキから軽規格のクロスオーバー車が登場【東京モーターショー2013】の画像

スズキから軽規格のクロスオーバー車が登場【東京モーターショー2013】の画像

主要諸元

ハスラー
・全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm
・ホイールベース:2425mm
・車両重量:790kg
・駆動方式:FF(4WD車も想定)
・トランスミッション:CVT
・パワーユニット:658cc 直列3気筒ガソリンエンジン+エネチャージ、アイドリングストップシステム

ハスラークーペ
・全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm
・ホイールベース:2425mm
・車両重量:790kg
・駆動方式:FF(4WD車も想定)
・トランスミッション:CVT
・パワーユニット:658cc 直列3気筒ガソリンエンジン+エネチャージ、アイドリングストップシステム

 

(webCG)

→「スズキ、ユーザーの日々を彩る29台を展示」
→「スズキがエコで個性的なクロスオーバーを提案」
→「『ジムニー』ベースのHVをスズキが提案」
→「ターボエンジンのバイクをスズキが提案」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。