『CG』名誉編集長の小林彰太郎氏が死去

2013.10.28 自動車ニュース

『CAR GRAPHIC』名誉編集長の小林彰太郎氏が死去

自動車専門誌『CAR GRAPHIC』名誉編集長の小林彰太郎氏が2013年10月28日、肺性心で死去した。享年83歳。

 

小林彰太郎氏は、ライオン歯磨・石鹸(現ライオン株式会社)の創業家一族の一員として、1929年に東京で生まれた。幼い頃から自動車を熱愛し、東京大学(旧制)経済学部在学中に自動車ジャーナリストを生涯の職業と決め、自動車誌への執筆を開始した。

1962年には、月刊自動車誌『CARグラフィック』を二玄社から出版した。新型車に試乗し、その印象を記した「ロードインプレッション」は、読者にまるで自らステアリングを握っているかのような感覚を与え、多くのファンを獲得。同誌を、日本を代表する自動車専門誌に育て上げた。

『CAR GRAPHIC』編集長(初代)を務めるかたわら、日本自動車ジャーナリスト協会副会長や、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会委員長などを歴任。
また、その活躍は国内にとどまらず、20世紀で最も影響力のあった車に与えられた自動車賞「CAR OF THE CENTURY」の名誉専門委員会副会長や、イタリアで開催されている世界でも有数のクラシックカーコンテスト「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」の審査員としても活躍した。クラシックカーを愛し、日本クラシックカークラブ(CCCJ)の会長も務めた。

通夜ならびに葬儀・告別式は近親者で行う。後日「お別れの会(仮称)」を開く。喪主は長男の小林大樹氏。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。