トヨタ、「アベンシス」をマイナーチェンジ

2012.02.29 自動車ニュース

トヨタ、「アベンシス」をマイナーチェンジ 上級グレードを追加設定

トヨタ自動車は2012年2月29日、ステーションワゴン「アベンシス」をマイナーチェンジし、4月16日に発売すると発表した。

アベンシスは、欧州向けモデルとして開発され英国のTMUK(トヨタ・モーター・マニュファクチャリングUK)で生産される、欧州でのトヨタブランドのフラッグシップモデルだ。

今回のマイナーチェンジでは、ヘッドランプにLEDクリアランスランプ(車幅灯)が追加されたほか、中央部の押し出しを強めたフロントグリルとフロントバンパー、開口部を強調したフロントロアグリルなどの採用により、フロントマスクがより精悍(せいかん)な印象を増した。
インテリアでは、シート表皮柄の変更および、ドアグリップ、サイドレジスター(両サイドの空調吹き出し口)、センタークラスター、ドアスイッチベースに、加飾の追加や変更を施すことで質感の向上が図られている。

また、従来の「Xi」グレードに加え、装備を充実した上級グレードの「Li」が追加設定された。

追加グレード「Li」は、エクステリアにフロントフォグランプと17インチのタイヤ&ホイールを装備。インテリアでは、アルカンターラ+本革の専用シート表皮を採用するほか、センタークラスターおよびドアスイッチベースに木目調加飾が施される。運転席電動ランバーサポートやクルーズコントロールなども備え、利便性や機能性の向上も果たしている。

価格は、「Xi」が従来と変わらず250万円、上級グレード「Li」は275万円。

(webCG)

「アベンシス Li」
「アベンシス Li」
「アベンシス Li」のインパネ。
「アベンシス Li」のインパネ。
「アベンシス Li」のフロントシート。
「アベンシス Li」のフロントシート。
「アベンシス Xi」のインテリア。
「アベンシス Xi」のインテリア。
「アベンシス Xi」
「アベンシス Xi」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る