トヨタ、「アベンシス」をマイナーチェンジ

2012.02.29 自動車ニュース

トヨタ、「アベンシス」をマイナーチェンジ 上級グレードを追加設定

トヨタ自動車は2012年2月29日、ステーションワゴン「アベンシス」をマイナーチェンジし、4月16日に発売すると発表した。

アベンシスは、欧州向けモデルとして開発され英国のTMUK(トヨタ・モーター・マニュファクチャリングUK)で生産される、欧州でのトヨタブランドのフラッグシップモデルだ。

今回のマイナーチェンジでは、ヘッドランプにLEDクリアランスランプ(車幅灯)が追加されたほか、中央部の押し出しを強めたフロントグリルとフロントバンパー、開口部を強調したフロントロアグリルなどの採用により、フロントマスクがより精悍(せいかん)な印象を増した。
インテリアでは、シート表皮柄の変更および、ドアグリップ、サイドレジスター(両サイドの空調吹き出し口)、センタークラスター、ドアスイッチベースに、加飾の追加や変更を施すことで質感の向上が図られている。

また、従来の「Xi」グレードに加え、装備を充実した上級グレードの「Li」が追加設定された。

追加グレード「Li」は、エクステリアにフロントフォグランプと17インチのタイヤ&ホイールを装備。インテリアでは、アルカンターラ+本革の専用シート表皮を採用するほか、センタークラスターおよびドアスイッチベースに木目調加飾が施される。運転席電動ランバーサポートやクルーズコントロールなども備え、利便性や機能性の向上も果たしている。

価格は、「Xi」が従来と変わらず250万円、上級グレード「Li」は275万円。

(webCG)

「アベンシス Li」
「アベンシス Li」
「アベンシス Li」のインパネ。
「アベンシス Li」のインパネ。
「アベンシス Li」のフロントシート。
「アベンシス Li」のフロントシート。
「アベンシス Xi」のインテリア。
「アベンシス Xi」のインテリア。
「アベンシス Xi」
「アベンシス Xi」

関連キーワード:
アベンシスワゴントヨタアベンシス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事