トヨタ、「アベンシス」をマイナーチェンジ

2012.02.29 自動車ニュース

トヨタ、「アベンシス」をマイナーチェンジ 上級グレードを追加設定

トヨタ自動車は2012年2月29日、ステーションワゴン「アベンシス」をマイナーチェンジし、4月16日に発売すると発表した。

アベンシスは、欧州向けモデルとして開発され英国のTMUK(トヨタ・モーター・マニュファクチャリングUK)で生産される、欧州でのトヨタブランドのフラッグシップモデルだ。

今回のマイナーチェンジでは、ヘッドランプにLEDクリアランスランプ(車幅灯)が追加されたほか、中央部の押し出しを強めたフロントグリルとフロントバンパー、開口部を強調したフロントロアグリルなどの採用により、フロントマスクがより精悍(せいかん)な印象を増した。
インテリアでは、シート表皮柄の変更および、ドアグリップ、サイドレジスター(両サイドの空調吹き出し口)、センタークラスター、ドアスイッチベースに、加飾の追加や変更を施すことで質感の向上が図られている。

また、従来の「Xi」グレードに加え、装備を充実した上級グレードの「Li」が追加設定された。

追加グレード「Li」は、エクステリアにフロントフォグランプと17インチのタイヤ&ホイールを装備。インテリアでは、アルカンターラ+本革の専用シート表皮を採用するほか、センタークラスターおよびドアスイッチベースに木目調加飾が施される。運転席電動ランバーサポートやクルーズコントロールなども備え、利便性や機能性の向上も果たしている。

価格は、「Xi」が従来と変わらず250万円、上級グレード「Li」は275万円。

(webCG)

「アベンシス Li」
「アベンシス Li」
「アベンシス Li」のインパネ。
「アベンシス Li」のインパネ。
「アベンシス Li」のフロントシート。
「アベンシス Li」のフロントシート。
「アベンシス Xi」のインテリア。
「アベンシス Xi」のインテリア。
「アベンシス Xi」
「アベンシス Xi」

関連キーワード:
アベンシスワゴントヨタアベンシス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • トヨタ・サクシード1.5TX Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】 2002.8.6 試乗記
  • ポルシェ・カイエン/カイエンS/カイエン ターボ【海外試乗記】 2017.12.8 試乗記