「フォード・マスタング」に赤と青の限定モデル

2013.10.29 自動車ニュース
「フォード・マスタングV8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」
「フォード・マスタングV8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」
    拡大

「フォード・マスタング」に赤と青の限定モデル

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年10月29日、「フォード・マスタング」に特別仕様車「V8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」を設定し、20台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車は、5リッターエンジンを搭載した「V8 GTクーペ」をベースに、内外装を特別にコーディネートしたものである。

ボディーカラーはカタログモデルにも設定のある「レースレッド」のほか、専用色として1970年代にマスタングに採用されていたという「グラバーブルー」を設定。インテリアには、この2色に合わせて2種類のシートとトリムを用意している。
具体的には、ボディーカラーがレースレッドの場合はインテリアも赤でコーディネート。シートにはホワイトストライプのアクセントを採用する。一方、ボディーカラーがグラバーブルーの場合は、インテリアは黒基調、シートのストライプはブルーの組み合わせとなる。

このほかにも、ドアトリムにはマスタングのエンブレムであるギャロッピングホースを装着。ブラックのアクセントを利かせた専用デザインの19インチアルミホイールを装備している。

ハンドル位置は左のみ、トランスミッションは6段ATのみの設定。販売台数は各色10台で、価格はともに510万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る