「フォード・マスタング」に赤と青の限定モデル

2013.10.29 自動車ニュース
「フォード・マスタングV8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」
「フォード・マスタングV8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」

「フォード・マスタング」に赤と青の限定モデル

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年10月29日、「フォード・マスタング」に特別仕様車「V8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」を設定し、20台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車は、5リッターエンジンを搭載した「V8 GTクーペ」をベースに、内外装を特別にコーディネートしたものである。

ボディーカラーはカタログモデルにも設定のある「レースレッド」のほか、専用色として1970年代にマスタングに採用されていたという「グラバーブルー」を設定。インテリアには、この2色に合わせて2種類のシートとトリムを用意している。
具体的には、ボディーカラーがレースレッドの場合はインテリアも赤でコーディネート。シートにはホワイトストライプのアクセントを採用する。一方、ボディーカラーがグラバーブルーの場合は、インテリアは黒基調、シートのストライプはブルーの組み合わせとなる。

このほかにも、ドアトリムにはマスタングのエンブレムであるギャロッピングホースを装着。ブラックのアクセントを利かせた専用デザインの19インチアルミホイールを装備している。

ハンドル位置は左のみ、トランスミッションは6段ATのみの設定。販売台数は各色10台で、価格はともに510万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
ホームへ戻る