マツダ・アクセラハイブリッドHYBRID-S Lパッケージ(FF/CVT)/アクセラスポーツXD(FF/6AT)/アクセラスポーツXD(FF/6MT)

実り豊かな秋 2013.11.01 試乗記 徐々にあらわになる新型「マツダ・アクセラ」の実力。前回の試乗記ではガソリンプロトタイプのステアリングを握るにとどまったが、2回目の今回は、いよいよディーゼルモデル(プロトタイプ)とマツダ量産車初のハイブリッドモデルも試すことができた。伊豆で行われた試乗会の模様を、2回に分けてお届けしよう。

マツダの試乗会は楽しい

こんな風に言うと語弊があるかもしれないが、正直に言えば取材するほうも人間だから、出掛ける前から内心わくわくする試乗会もあれば気が重いものもある。それにはもちろんプロダクトそのものの魅力、新鮮さが一番物をいうけれど、その場に集う人々が作り出す雰囲気が全体の印象を左右するのは、まあどんな仕事でも同じだと思う。
マツダの場合、試乗会の現場に出席してわれわれのどんな質問にも、率直に誠実に答えてくれるエンジニアをはじめ関係者がおおらかで明るいうえに、「私たちの新製品はどうですかっ!?」と積極的に前のめりに接してくれる人ばかりで、こちらも大いに刺激されるのだ。他のメーカーがそうではないというわけではないが、特にマツダの人は皆さん、熱さが違うように感じるのは、多分会社全体に勢いがあるからだろう。
一時期苦境にあったマツダは今、好調だ。雨にも風にも負けずに手塩にかけて育てて来たスカイアクティブ技術を搭載した新世代モデルの「CX-5」や「アテンザ」が好調のうえ、円安も手伝って本年度の中間決算も上方修正したという。もちろんそれだけで楽観はできないとはいえ、苦しい経営状況の下でも着実に開発を続けて来たその成果を収穫する時期を迎えたことは間違いない。収穫の歓(よろこ)びと活気に満ちた稲刈りに紛れ込んだように、こちらにも浮き浮きとした気持ちが伝わってきたのである。

めでたく実ったのは新世代スカイアクティブ・モデルの第3弾に当たる「アクセラ」だ。言うまでもなくアクセラは国内市場のみならず、世界中で「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に代表されるCセグメントのライバルと戦う基幹モデルであり、マツダの年間販売台数の3割以上を占める最重要車種である。
通算3代目となる新型アクセラには、最新のスカイアクティブ・テクノロジーがすべて投入され、特にパワーユニットは1.5リッターと2リッターガソリン、2.2リッターターボディーゼル、そしてハイブリッドという3種類を取りそろえていることが特徴。ボディータイプも5ドアハッチバックの「アクセラスポーツ」に4ドアセダンと幅広いラインナップが設定され、さらに1.5リッターには4WDモデルもあるが、今回はその中からまずハイブリッドとディーゼルに的を絞って第1報をお届けする。
ちなみにモデルによって発売時期が異なり、ガソリン車とハイブリッドは2013年11月21日、ディーゼルは2014年1月、また2リッターガソリンの6MTは2014年春発売予定である。

「アクセラハイブリッド」には、トヨタから技術供与を受けたハイブリッドシステムが搭載される。用意されるボディータイプは4ドアセダンのみ。
「アクセラハイブリッド」には、トヨタから技術供与を受けたハイブリッドシステムが搭載される。用意されるボディータイプは4ドアセダンのみ。
ドライバー側は運転に集中できる環境を、パッセンジャー側は開放的で心地よい空間を目指したインパネ。センターディスプレイと操作ダイヤル「コマンダーコントロール」をほとんどのモデルで標準装備とし、情報機器の操作安全性を高めた。
ドライバー側は運転に集中できる環境を、パッセンジャー側は開放的で心地よい空間を目指したインパネ。センターディスプレイと操作ダイヤル「コマンダーコントロール」をほとんどのモデルで標準装備とし、情報機器の操作安全性を高めた。
1眼式メーターは全モデル共通。ただし、2リッターガソリンの上級モデルとディーゼルではここがタコメーターに、それ以外ではスピードメーターになる点が異なる。ハイブリッド(写真)では左側にパワーメーターなどが備わる。
1眼式メーターは全モデル共通。ただし、2リッターガソリンの上級モデルとディーゼルではここがタコメーターに、それ以外ではスピードメーターになる点が異なる。ハイブリッド(写真)では左側にパワーメーターなどが備わる。
ハイブリッドモデルではベースグレードの「HYBRID-C」を除き、メータークラスター上にアクティブ・ドライビング・ディスプレイが備わる。コンバイナー(表示板)には速度のほか、右左折等の経路誘導が表示される。
ハイブリッドモデルではベースグレードの「HYBRID-C」を除き、メータークラスター上にアクティブ・ドライビング・ディスプレイが備わる。コンバイナー(表示板)には速度のほか、右左折等の経路誘導が表示される。
試乗車はハイブリッドモデルの最上級グレード「HYBRID-S Lパッケージ」。6方向調節機構(運転席のみ)とシートヒーターを備えたレザーシートが標準装備となる。
試乗車はハイブリッドモデルの最上級グレード「HYBRID-S Lパッケージ」。6方向調節機構(運転席のみ)とシートヒーターを備えたレザーシートが標準装備となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る