第320回:フェルッチョ・ランボルギーニが愛したパン

2013.11.01 エッセイ

世界一うまいパン

多くの読者がご存じのように、今年(2013年)はランボルギーニの創立50周年だ。家族によるフェルッチョ・ランボルギーニの一代記『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(トニーノ・ランボルギーニ著・拙訳。光人社刊)にこんなシーンがある。

サンタアガタ・ボロニェーゼに新築した本社工場と、最初のクルマ「350GTV プロトタイプ」のベアシャシーを、報道関係者に公開した1963年10月26日のことである。イタリアの著名なジャーナリスト、ジーノ・ランカーティが「なぜ高性能グラントゥーリズモは、みんな(イタリア)エミリア地方の製品なんでしょうか?」と質問した。
するとフェルッチョは豪快に、こう言い放った。
「世界一うまいパンは、ここフェラーラのパンでしょうが。生えてる草だって、ここのが一番ですよ」

フェルッチョは、フェラーラ県の小さな村チェントの出身である。彼がそんなに「うまい!」と太鼓判を押すフェラーラのパンとは、どんなものか?
「それなら、食べてみればいいじゃないか」と言うなかれ。日本なら、デパートやスーパーで、ひっきりなしに諸国名産品展の類いが開かれていて、「峠の釜めし」から「鱒ずし」まで、日本全国のものが年中食べられる。だが、イタリアではそうはいかない。地元食品をこよなく愛し、他地域のものには目もくれない人が多いため、店の品ぞろえも、地元産品中心になる。
だからボクなどは、東京のデパートのイタリア特集で、「へえー、こんなワインがあるのか」などと、他の地方のイタリア産品を知ることがある。わが家のあるシエナから230km近く離れたフェラーラのパンなど、手に入る代物ではないのだ。

フェラーラ県ドッソ。フェルッチョ・ランボルギーニの子息で実業家のトニーノが創設した、父親の足跡を回顧する博物館。隣にはランボルギーニ暖房機の工場がある。
フェラーラ県ドッソ。フェルッチョ・ランボルギーニの子息で実業家のトニーノが創設した、父親の足跡を回顧する博物館。隣にはランボルギーニ暖房機の工場がある。
博物館内にあるフェルッチョ(写真下)と、妻アンニータの肖像画。
博物館内にあるフェルッチョ(写真下)と、妻アンニータの肖像画。
チェント村にて。フェルッチョ・ランボルギーニの生家。
チェント村にて。フェルッチョ・ランボルギーニの生家。
フェラーラはユネスコの文化遺産に指定されている。これは14世紀にその歴史をさかのぼるエステンセ城。
フェラーラはユネスコの文化遺産に指定されている。これは14世紀にその歴史をさかのぼるエステンセ城。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。