5代目「ホンダ・オデッセイ」、堂々発売

2013.10.31 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ アブソルート」

5代目「ホンダ・オデッセイ」、堂々発売

本田技研工業は、ミニバン「オデッセイ」「オデッセイ アブソルート」をフルモデルチェンジ。2013年10月31日に新型を発表した。翌11月1日に販売を開始する。


インテリア。写真は「オデッセイ アブソルート EX」のもの。

■すっかり“上級ミニバン”に

5代目にあたるニューオデッセイは、1994年の初代以来継続してきた4枚ヒンジドアを改め、左右のリアドアをスライド式にしたのが新しい。あわせて、全高を1545mmから1695mmへと高め、より一般的なミニバンフォルムとなった。この結果、これまでの“上級ミニバン”「エリシオン」は、新型オデッセイに統合されることになる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4830×1800(1820)×1695(1685)mm(オデッセイのFF車の場合。カッコ内はアブソルートの値)。旧型より30mm長く、車高は150mmも(!)高い。ホイールベースは70mm延び、くしくも旧エリシオンと同じ2900mmとなった。

新しいオデッセイは、天井を高める一方で、床面を下げる「超低床プラットフォーム」を採用。重心の上昇を抑え、歴代モデルが掲げてきた“走りのよさ"を維持。「爽快で安定した走行性能を確保した」という。
床面が下がったため、セカンドシートに乗り込むためのステップ高は、先代モデルより60mm低い300mmとなった。ゆとりの頭上空間とともに、優れた乗降性など使いやすさも生み出されたとされる。

運転席まわりの様子。
エアコンの操作スイッチは、タッチパネル式が採用されている。
「オデッセイ アブソルート」専用の18インチアルミホイール。

■質感にも配慮

新型オデッセイのインテリアは、「Modern Suite Room」をデザインコンセプトに仕立てられた。モダンで飽きのこない高級ホテルのスイートルームをイメージしたという。インストゥルメントパネルは、横基調に広がるいわゆる“バーカウンター型”。シフターがステアリングホイールのすぐ脇から生えるのは、これまで通りだ。しっとりした触感のソフトパッド、サンバースト加工が施された木目調パネル、光沢感があるスエード調ファブリックのシート表皮などが注目のポイント。オプションで、本革シートのインテリアも用意される。

販売台数では、オデッセイを凌駕(りょうが)するオデッセイ アブソルートには、専用のデザインが与えられた。メッキバーが輝く大きなフロントグリルや、前後エアロバンパーが備わるほか、サイドシル下端にはクロム調モールが配され、低重心イメージを強調する。“アブソルート専用カラー”の「プレミアムヴィーナス ブラックパール」では、「塗装表面に特殊コートを施し、純金のきらめきを実現した」という。
16インチホイールが標準のオデッセイに対して、アブソルートは17インチが標準。オプションで18インチホイールも選ぶことができる。

アブソルートのインテリアはブラック基調。木目調パネルはメタル感を持ったものになり、メーターもホワイト表示が赤く照らされる専用品となる。シート地には合成皮革「プライムスムース」を採用。シルバーステッチが施される。

 

2列目の「プレミアムクレードルシート」。極上のくつろぎ感を提供するという。
荷室の容量は、フル乗車時で330リッターが確保される。

■より広く、より快適に

背が高くなり、床面が下がったニューオデッセイでは、室内高が105mmアップの1325mmに拡大。全長とホイールベースが延びた恩恵で、1列目シートから3列目シートまでの座席間距離(ヒップポイント間の距離)も、155mmアップの1850mmになった。なおかつその状態で、ラゲッジスペースには、21インチサイズのスーツケースを7つ積載できるという。

2列目シートには、従来通り、3人掛けのベンチタイプと、独立した2人掛けのキャプテンシートが設定される。独立式には、「プレミアムクレードルシート」と呼ばれる豪華シートがオプションで選べる。シートバックのリクライニングに合わせて座面の角度も変わり、また太ももを支えるオットマンも装備する。背もたれは、なかほどで角度を変えられる中折れ構造を採用している。

3列目のシートが荷室の床下に収納できるのはもちろん、2列目中央席のシートバックを倒して長尺物を積んだり、3列目を収納したうえで2列目シートをロングスライドさせてリムジン気分を味わったりと、多彩なシートアレンジが可能だ。

「オデッセイ アブソルート」に搭載される、直噴の2.4リッター直4エンジン。
足まわりの構造を示す透視図。センターには、超低床を実現する極薄の燃料タンクが置かれる。
こちらは、駐車作業をサポートする「スマートパーキングアシスト」の画面イメージ。

■燃費や安全にも配慮

エンジンは、新開発の2.4リッター直列4気筒 DOHC i-VTEC。ただし、オデッセイはコンベンショナルなポート噴射タイプ、オデッセイ アブソルートでは、シリンダー内に直接燃料を噴射する直噴タイプとなる。排気量こそ同じだが、オデッセイ(175ps、23.0kgm)とオデッセイ アブソルート(FF:190ps、24.2kgm/4WD:185ps、24.0kgm)ではアウトプットが異なる。トランスミッションは、いずれもトルクコンバーター付きのCVTとなる。

燃費向上技術として、アイドリングストップ機構はじめ、エアコンの冷気を蓄積する「蓄冷エバポレーター」、充電効率を上げた「ウルトラバッテリー」(アブソルート)、エンジン、CVT、エアコンを統合制御する「ECONモード」などを備える。
気になる燃費は、オデッセイが最高13.8km/リッターで、オデッセイ アブソルートが最高14.0km/リッター(JC08モード)。全車エコカー減税に適合する。

なお足まわりは、フロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビーム式というコンベンショナルなもの。路面からの入力に応じて減衰力を切り替えるSACHS社製振幅感応型ダンパーを採用。乗り心地と操縦安定性を高い次元でバランスさせることを狙った。10mmローダウンされるアブソルートには、強化タイプのスプリング、コンプライアンスブッシュが与えられ、電動パワステ、ダンパーも専用セッティングとなる。

4つのカメラで車体の周辺を映し出す「マルチビューカメラシステム」や、カメラの映像を元に、音声を交えて駐車時の運転操作をサポートする「スマートパーキングアシストシステム」、死角に入っている併走車の存在を、ドアミラー上のインジケーターで知らせる「ブラインドスポットインフォメーション」、衝突や誤発進を未然に防ぐ「シティブレーキアクティブシステム」など、先進の安全機能も、その快適なドライブを支える。

新型オデッセイとオデッセイ アブソルートの価格は、以下の通り。

・オデッセイ(FF車):249万円~336万円
・オデッセイ(4WD車):274万円~350万5000円
・オデッセイ アブソルート(FF車):295万円~358万5000円
・オデッセイ アブソルート(4WD車):327万5000円~373万円

(文=青木禎之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る