トヨタの最上級ミニバンに「ゴールド」の特別車

2013.10.31 自動車ニュース
「トヨタ・アルファード240S“TYPE GOLD ll”」
「トヨタ・アルファード240S“TYPE GOLD ll”」

「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」に「ゴールド」の特別仕様車

トヨタ自動車は2013年10月31日、Lクラスミニバン「アルファード」に特別仕様車「240S“TYPE GOLD ll”」「350S“TYPE GOLD ll”」を、「ヴェルファイア」に「2.4Z“GOLDEN EYES ll”」「3.5Z“GOLDEN EYES ll”」を設定し、販売を開始した。


トヨタの最上級ミニバンに「ゴールド」の特別車の画像

トヨタの最上級ミニバンに「ゴールド」の特別車の画像
「ヴェルファイア2.4Z“GOLDEN EYES ll”」
「ヴェルファイア2.4Z“GOLDEN EYES ll”」

トヨタの最上級ミニバンに「ゴールド」の特別車の画像

トヨタの最上級ミニバンに「ゴールド」の特別車の画像

今回の特別仕様車は、黒木目にゴールドの模様をあしらったインストゥルメントパネルや、ゴールドメーターリング、スモークメッキ加飾を施したフロントフォグランプなどで内外装をドレスアップしたものである。

車種ごとに個別の仕様、装備も用意しており、アルファードには専用のゴールドエンブレム(フロント)を装着。シート表皮には、座面と背もたれにパーフォレーション(打ち抜き穴)からゴールドがのぞくブラウンのアルカンターラを、サイド部にドレープ調本革&ブラック人工皮革(ライトブラウンステッチ)を採用している。

一方、ヴェルファイアには、ゴールドエクステンションのプロジェクター式ヘッドランプを装備。シートは、座面と背もたれにはアルファードと同様にゴールドがのぞくブラック基調のアルカンターラを、サイド部にはクロコ調本革&ブラック人工皮革(レッドステッチ)を採用している。

機能装備の強化も図っており、デュアルパワースライドドア(イージークローザー、挟み込み防止機能付き)やパワーバックドア(挟み込み防止機能付き)&バックドアイージークローザー、アクセサリーコンセント(AC100V/100W)などを標準で備えている。

このほかの主な特別装備は以下の通り。
・専用アルミホイール(スーパークロムメッキ塗装)
・フロントグリル(スモークメッキ+カラード)&ミッドグリル&バックドアガーニッシュ(スモークメッキ)<アルファードのみ>
・“TYPE GOLD ll”エンブレム(リア)<アルファード>/“GOLDEN EYES ll”エンブレム(リア)<ヴェルファイア>
・センタークラスター(ゴールド)
・メッキインサイドドアハンドル(フロント・リア)
・専用ツヤあり黒木目調パネル(本革巻き4本スポークステアリングホイール、本革巻きゲート式シフトレバー&シフトノブ)
・スマートキー(専用ゴールド加飾)

ラインナップと価格は以下の通り。

アルファード
・240S“TYPE GOLD ll”(FF/CVT):369万円
・240S“TYPE GOLD ll”(4WD/CVT):387万9000円
・350S“TYPE GOLD ll”(FF/6AT):407万円
・350S“TYPE GOLD ll”(4WD/6AT):425万9000円

ヴェルファイア
・2.4Z“GOLDEN EYES ll”(FF/CVT):369万円
・2.4Z“GOLDEN EYES ll”(4WD/CVT):387万9000円
・3.5Z“GOLDEN EYES ll”(FF/6AT):407万円
・3.5Z“GOLDEN EYES ll”(4WD/6AT):425万9000円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る