KTMクロスボウGT(MR/6MT)

楽しめる狂気 2013.11.07 試乗記 オーストリア生まれのハードコアなスポーツカー「KTMクロスボウ」に、ウインドスクリーンを備える新グレード「GT」が登場。その走りは、どのようなものなのか? 一般道とサーキットで試乗した。

“二輪の雄”のスポーツカー

KTMというメーカーを知っているだろうか? それは、オーストリア、ザルツブルク近郊にある小さな町マッティグホーフェン(KTMの“M”)で、第2次世界大戦前の1934年にハンス・トゥルケンポルツ(同じく“T”)という人物が設立したクラフトファーツォイク(K=車両)関係の会社をルーツとしている。

当初、同社が手掛けたのは自動車やモーターサイクルの販売だったが、戦後の1953年に自社開発のモーターサイクルを発表すると、2年後にはロードレースへの参戦を開始。現在は、BMWに次ぐ欧州第2位のプレミアムモーターサイクルブランドとして君臨する一方、ダカールラリーで12連勝を記録するなど、モータースポーツでも圧倒的に優秀な成績を誇っている。

そのKTMが、どうして自動車情報サイトに登場するのか? 2008年に、四輪のスポーツカー「X-BOW(クロスボウ)」をリリースしているからだ。この点、ちょうど50年前、二輪車メーカーだったホンダが初の四輪乗用車「S500」を発売した経緯を思わせる。

KTMは四輪車開発の経験がないため、車体の設計をフォーミュラカーやスーパーカーの開発で有名なダラーラに、エッジの効いたスタイリングは二輪のKTMと同じオーストリアのスタジオ、キスカデザインに依頼。エンジンは隣国ドイツのアウディから、直噴の2リッター直4ターボ「TFSI」を供給してもらっている。

筆者は、日本にも少数が輸入されているクロスボウには、何度か乗ったことがある。窓もドアもないので、本気で走るにはヘルメットが必須なのだが、良い意味で予想を裏切られた一台でもある。クオリティーの高さは隣国ドイツのクルマに匹敵するし、高次元なハンドリングのみならず、望外の快適性まで備わっているのだ。
だからこそ、ウインドスクリーンを装着して、時にはゆったり距離を重ねてみたいとも思った。そんな願望をかなえてくれたのが、2013年のジュネーブモーターショーでデビューした「クロスボウGT」だった。

「クロスボウGT」の全長は3700mmと少々。2430mmのホイールベースは、軽自動車に近い値である。
正面から見たところ。高々と跳ねあげたサイドウィンドウは“GT”ならではの装備。
コックピットの様子。バスタブ型のモノコック内に、ドライビングに必要なアイテムが配される。パッドを置いただけの“シート”はレカロ製。シフトレバーの近くには、ワイパーやウオッシャー液の操作ボタンも置かれる。
フェンダーは、軽量かつ高剛性なカーボン製。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。