「水野和敏的視点」 vol.22「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)

2013.11.01 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.22「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は新型「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド」。環境性能が強化された最新ハイブリッドモデルの実力を、“ミスターGT-R”がさまざまな角度からチェックした。


「水野和敏的視点」 vol.22「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.22「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)の画像
「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5116×1899×1493mm/ホイールベース:3035mm/車重:--kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:306ps/6500rpm/エンジン最大トルク:37.7kgm/3500-5250rpm/モーター最高出力:27ps/モーター最大トルク:25.5kgm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1270万円
「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5116×1899×1493mm/ホイールベース:3035mm/車重:--kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:306ps/6500rpm/エンジン最大トルク:37.7kgm/3500-5250rpm/モーター最高出力:27ps/モーター最大トルク:25.5kgm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1270万円

■エントリーモデルという位置付け

今回から数回にわたり、1500万円級のプレミアムラグジュアリーなハイブリッドセダンをテストします。まず、今回と次回の2回で、モデルチェンジしたばかりの「メルセデス・ベンツSクラス」のハイブリッドモデル「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」(1270万円)を取り上げます。その次に、「レクサスLS600hL エグゼクティブパッケージ」の4人乗り仕様(1550万円)と「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」(1483万円)を交えて、日独のフラッグシップサルーンにおける、ハイブリッドシステムに対する考え方の違いを浮き彫りにできればと考えています。

では、早速今年10月に日本デビューを果たしたばかりのメルセデス・ベンツS400ハイブリッドを見ていきましょう。8年ぶりのモデルチェンジとなったSクラス。時代の要求だと思いますが、興味深いのは、ハイブリッドシステムを搭載する「S400ハイブリッド」が1090万円から用意され、事実上のエントリーモデルとなっていることです。

「BlueDIRECTハイブリッドシステム」は、3.5リッターV6ガソリンエンジン(306ps、37.7kgm)を、エンジンとトランスミッションの間に置かれた電気モーター(27ps、25.5kgm)と組み合わせるシステムです。バッテリーは、リチウムイオン。「回生ブレーキ」や「モーターアシスト」のほか、条件さえそろえば、35km/hまでモーターだけで走れます。高速巡航時にパワープラントを切り離して燃費向上を図る「セーリング機能」も備わります(特にこの高速巡航時の切り離しは、ハイブリッド車にとって、とても大事な機能なんです)。

用意された試乗車は、19インチタイヤを履き、豪華なナッパレザーシートを備える上級仕様のS400ハイブリッド エクスクルーシブです。
しかし、ダイヤモンドシルバーのボディーカラーにペイントされた外観をつぶさに眺めていくと、ここまで来た空力処理の素晴らしさに感嘆する一方で、建て付け精度の不足という、何とも表現できない点もありました。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る