「水野和敏的視点」 vol.22「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)

2013.11.01 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.22「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は新型「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド」。環境性能が強化された最新ハイブリッドモデルの実力を、“ミスターGT-R”がさまざまな角度からチェックした。


「水野和敏的視点」 vol.22「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.22「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)の画像
「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5116×1899×1493mm/ホイールベース:3035mm/車重:--kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:306ps/6500rpm/エンジン最大トルク:37.7kgm/3500-5250rpm/モーター最高出力:27ps/モーター最大トルク:25.5kgm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1270万円
「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5116×1899×1493mm/ホイールベース:3035mm/車重:--kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:306ps/6500rpm/エンジン最大トルク:37.7kgm/3500-5250rpm/モーター最高出力:27ps/モーター最大トルク:25.5kgm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1270万円

■エントリーモデルという位置付け

今回から数回にわたり、1500万円級のプレミアムラグジュアリーなハイブリッドセダンをテストします。まず、今回と次回の2回で、モデルチェンジしたばかりの「メルセデス・ベンツSクラス」のハイブリッドモデル「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」(1270万円)を取り上げます。その次に、「レクサスLS600hL エグゼクティブパッケージ」の4人乗り仕様(1550万円)と「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」(1483万円)を交えて、日独のフラッグシップサルーンにおける、ハイブリッドシステムに対する考え方の違いを浮き彫りにできればと考えています。

では、早速今年10月に日本デビューを果たしたばかりのメルセデス・ベンツS400ハイブリッドを見ていきましょう。8年ぶりのモデルチェンジとなったSクラス。時代の要求だと思いますが、興味深いのは、ハイブリッドシステムを搭載する「S400ハイブリッド」が1090万円から用意され、事実上のエントリーモデルとなっていることです。

「BlueDIRECTハイブリッドシステム」は、3.5リッターV6ガソリンエンジン(306ps、37.7kgm)を、エンジンとトランスミッションの間に置かれた電気モーター(27ps、25.5kgm)と組み合わせるシステムです。バッテリーは、リチウムイオン。「回生ブレーキ」や「モーターアシスト」のほか、条件さえそろえば、35km/hまでモーターだけで走れます。高速巡航時にパワープラントを切り離して燃費向上を図る「セーリング機能」も備わります(特にこの高速巡航時の切り離しは、ハイブリッド車にとって、とても大事な機能なんです)。

用意された試乗車は、19インチタイヤを履き、豪華なナッパレザーシートを備える上級仕様のS400ハイブリッド エクスクルーシブです。
しかし、ダイヤモンドシルバーのボディーカラーにペイントされた外観をつぶさに眺めていくと、ここまで来た空力処理の素晴らしさに感嘆する一方で、建て付け精度の不足という、何とも表現できない点もありました。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る