ボルボが新世代デザインのコンセプトカー出展【東京モーターショー2013】

2013.11.01 自動車ニュース
「ボルボ・コンセプト クーペ」

【東京モーターショー2013】ボルボが新世代デザインのコンセプトカーを出展

ボルボ・カー・ジャパンは2013年11月1日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)に、コンセプトカー1台を含む、全7台を出展すると発表した。

 

同社が出展を予定しているコンセプトカーは、2013年9月のフランクフルトショーで発表された「ボルボ・コンセプト クーペ」で、アジアではこれが初公開となる。

また市販モデルとしては、「60」シリーズの最新モデルである「R-DESIGN」やCセグメントハッチバック車の「V40」などの展示を予定。ブースには、ボルボショールームコンセプト「VRE(Volvo Retail Experience)」を反映したスカンジナビアンテイストあふれるデザインを採用し、スウェーデンの心地よいリビング空間を再現するとしている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。