ホンダ・フィットRS(FF/MT)

成熟した大人の「RS」 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。

れっきとした「レーシングスポーツ」

ホンダの主力小型車であり、稼ぎ頭でもある「フィット」。その利便性や快適性に対しては、『webCG』でもその内容を紹介してきたが、今回はホットモデルである1.5リッター「RS」の、“走り”をじっくりと検証する。

ところで、この「RS」というイニシャルは「レーシングスポーツ」の略称ではない。ホンダ自身はこれを初代「シビック」の時代から「ロードセーリング」と呼んでいるのである。
ある種のダマし? うーん、そうと言えなくもない。これは「レーシングスポーツ」をイメージさせながらも、「いやいや、『ロードセーリング』ですから」と逃げを打てる、体のいいマジカルワードではある。
実際2代目フィットの「RS」はそういうクルマだったと思う。1.5リッターのVTEC。唯一のMTモデルという肩書に胸をワクワクさせながら乗り込んだら、思いの外、優等生で肩すかしを食らった覚えがある。乗り心地もすこぶる良かった。

意地悪な言い方をすれば、ちょっとスパイスが足りない感じがした。もっともホンダの肩を持つならば、このRSは最上級モデルとして、初代フィットの安っぽい乗り味(重心が高いコンパクトカーのボディーを支える必要性や、このクラスのクルマに費やせるコストを考えれば当たり前)から脱却する必要があった。

しかし3代目では、とうとうホンダの、抑えきれない衝動があふれ出てしまった。シャシーの完成度もさらに上がり、上級モデルの役目は「フィットハイブリッド」に押しつけることができたから、思わずやっちゃったんだろうなぁ……。このRSは、れっきとした「レーシングスポーツ」になっていたのである!
いや……興奮があふれ出てしまったのは筆者のほうか。レーシングといったら、ガッチガチのビュンビュン系に間違われてしまう。そっちは「type-R」の分野。フィットRSは、それよりもうチョット大人の「レーシングスポーティー」に仕上がっていた。でも、ほんとに「チョット」なところが、ホンダらしくてかわいらしい。筆者は、ホンダ自身も本当は、「RS」の二文字にレーシングスポーツの魂を込めたかったのだろうとにらんでいる。

 

ホンダは「RS」を「ロードセーリング」の略だと説明している。
ホンダは「RS」を「ロードセーリング」の略だと説明している。
ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】の画像
「フィットRS」の室内。ステアリングホイールは本革巻きとなる。
「フィットRS」の室内。ステアリングホイールは本革巻きとなる。
メーター中央には「RS」のエンブレムが。
メーター中央には「RS」のエンブレムが。
関連記事 ホームへ戻る