クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・オデッセイ/オデッセイ アブソルート 開発者インタビュー

20年目の挑戦 2013.11.02 試乗記 本田技術研究所
栃木研究所 LPL室
主任研究員

中川真人(なかがわ まこと)さん

背が高くなり、初めてスライドドアが採用されるなど、大きく様変わりした新型「ホンダ・オデッセイ」。その目指したところとは? 開発者に聞いた。

時代が求めた変化

4枚ヒンジドア。乗用車的な走り。3列シートを持つミニバンとして、独特のポジションを得ていた「ホンダ・オデッセイ/オデッセイ アブソルート」がフルモデルチェンジを受けた。2013年11月1日に発売されたニューモデルは、全高がアップして背の高い一般的なミニバンフォルムに近づき、左右リアドアはスライド式となった。

5代目となった新型オデッセイの開発を取りまとめた中川真人主任研究員にお話をうかがった。

――ティザー広告でも強調されていたように、新型オデッセイ/オデッセイ アブソルートは、ついにスライドドアを採用しました。その理由は何ですか?

時代のニーズでしょうか。3代目オデッセイが出た10年前くらいまでは、セダン、ステーションワゴンからオデッセイに乗り換えるお客さまが多かった。そのころは、スライドドアというとワンボックスのイメージが強くて、むしろ嫌われていたんです。

ところが、その後、ミニバン市場がグワッと伸びると、スライドドアを備えたクルマが普及して、ユーザーの間で抵抗感がなくなった。そのうえ、スライドドアの便利さも認知されるようになりました。

――具体的には、どのような?

狭い場所でも、横に止まっているクルマを気にしないでドアを開閉できる。それが一番大きな利点です。また、お子さまやお年寄りの方も、ドアをサッと開けて、乗り降りがしやすい。そんなよさもあります。

5代目にして初めてスライドドアが採用された「オデッセイ」。全高を150mmアップする一方で、さらなる低床化も図り(ステップ高は先代比-60mm)、広い居住空間を確保したという。
5代目にして初めてスライドドアが採用された「オデッセイ」。全高を150mmアップする一方で、さらなる低床化も図り(ステップ高は先代比-60mm)、広い居住空間を確保したという。 拡大
リアビュー。過去4代のモデルに比べ、より“ミニバンらしい”たたずまいに。
リアビュー。過去4代のモデルに比べ、より“ミニバンらしい”たたずまいに。 拡大
<プロフィール>
1982年、本田技術研究所に入社。ブレーキ研究開発部門を経て、1989年以降、「プレリュード」「レジェンド」「アコード」「オデッセイ」「ストリーム」「エリシオン」のPL(プロジェクトリーダー)、PL代行を務める。今回、5代目「オデッセイ」のLPL(ラージプロジェクトリーダー)。趣味はゴルフ。個人の愛車は「アコードワゴン」。
<プロフィール>
	1982年、本田技術研究所に入社。ブレーキ研究開発部門を経て、1989年以降、「プレリュード」「レジェンド」「アコード」「オデッセイ」「ストリーム」「エリシオン」のPL(プロジェクトリーダー)、PL代行を務める。今回、5代目「オデッセイ」のLPL(ラージプロジェクトリーダー)。趣味はゴルフ。個人の愛車は「アコードワゴン」。 拡大

“現代ミニバン”の3要素

初代オデッセイがデビューしたのは、1994年。「クリエイティブ・ムーバー(生活創造車)」を標榜(ひょうぼう)し、“セダンづくりから発想したミニバン”というコンセプトが新しかった。それから19年。市場は大きく変化した。

今回、背を高くしたのも、お客さまのニーズが10年前とは全然変わってしまったためです。「室内空間」「スライドドア」「キャプテンシート」……。

――その3要素がどうしても必要だ、と。

そうです。2列目のシートにしても、以前はベンチシートと独立したキャプテンシートの比率が、7:3くらい。2代目オデッセイくらいまでは、ベンチシートの方が多かった。ところが、いまはまったく逆。他社の例を出すのも何ですが、トヨタさんでは、9割近くがキャプテンシートになるモデルもあるそうです。

――「とにかく人をたくさん運びたい」というより、「車内でも余裕をもってリラックスしたい」というニーズに変わったわけですね。

もちろんベンチシートの需要も残っています。小さいお子さまがいる人は、おむつを交換するのにベンチシートを選ばれたりもします。

ただ、お子さまが小学生以上になると、キャプテンシートが多くなる。左右独立していてリラックスできるのと、サードシートまで2列目シートの間を通ってのウォークスルーが可能。シートを動かさずに、3列目までパッと行ける。そんなニーズも高まっています。

グレード体系は、ベーシックな「オデッセイ」と、個性的なドレスアップやパワフルなエンジンが特徴の「オデッセイ アブソルート」(写真)に大別される。
グレード体系は、ベーシックな「オデッセイ」と、個性的なドレスアップやパワフルなエンジンが特徴の「オデッセイ アブソルート」(写真)に大別される。 拡大
新型の開発を取りまとめた中川さん。家庭では、3代目「オデッセイ アブソルート」のステアリングも握る。
新型の開発を取りまとめた中川さん。家庭では、3代目「オデッセイ アブソルート」のステアリングも握る。 拡大
今やベンチタイプよりも需要が高いという、2列目の独立型キャプテンシート。オプションで本革仕様も選択可能。
今やベンチタイプよりも需要が高いという、2列目の独立型キャプテンシート。オプションで本革仕様も選択可能。 拡大
荷室の様子。3列目シートを床下に収納するなどして、容量を拡大できる。
(写真をクリックするとシートのアレンジが見られます)
荷室の様子。3列目シートを床下に収納するなどして、容量を拡大できる。
	(写真をクリックするとシートのアレンジが見られます) 拡大

新型はハンパじゃない

一般的なミニバンフォルムに近づき、左右スライドドアを採用した5代目オデッセイ/オデッセイ アブソルート。それは、これまでの上級ミニバン「エリシオン」を統合することになった。

――オデッセイは、5代目となって初めてホイールベースが延ばされました。

1列目から3列目までの空間を広くするために、ホイールベースを延ばしています。

――ホイールベース2900mmは、今回統合されることになったエリシオンと同寸ですね。

エリシオンのお客さまにも買っていただくためには、室内の天地に加え、前後の長さも必要でした。ホイールベース延長は、7/8人乗ったフル乗車のときに、3列目シートの足元空間を確保するのに役立っています。

――エリシオンは、「ボディーサイズのわりにハンドリングがいい」と言われたミニバンでした。ただ、販売面では……。

ちょっと中途半端だったかもしれませんね。特に新型「トヨタ・アルファード」の出現で、苦戦するようになりました。同じ価格帯で、アルファードの方がかなり大きかったですから。お客さまは、10mm、20mmの違いをシビアに見ます。

――ユーザーが「ミニバンに乗り慣れた」ということもあるのでしょう。

その通りです。「ミニバン to ミニバン」の方は、やはり「前のモデルより少しでも広く」と考えられます。

――ニューオデッセイは、全高を高めるだけでなく、床を低くしてもいます。ライバルに対するアドバンテージは何ですか?

われわれとしては、「トヨタ・エスティマ」をターゲットとしています。価格帯もボディーサイズもほぼ一緒ですから。エスティマに対しては、圧倒的な広さがあります。それからダイナミック性能。「乗り心地」「走行性能」「燃費」。いずれもエスティマよりかなり上を行っております

家庭のクルマとして、3代目オデッセイのアブソルートを使っている主任研究員。今回、「アブソルートEXに乗り換えよう」と考えているそうだ。

(インタビューとまとめ=青木禎之/写真=峰 昌宏)

 
ホンダ・オデッセイ/オデッセイ アブソルート【開発者インタビュー】の画像 拡大
3列目シート。グレードに関わらず、3人分のスペースが確保されている。
3列目シート。グレードに関わらず、3人分のスペースが確保されている。 拡大
燃費(JC08モード値)は、最高で14.0km/リッター。全てのグレードが、エコカー減税の対象となる。
燃費(JC08モード値)は、最高で14.0km/リッター。全てのグレードが、エコカー減税の対象となる。 拡大
複数のカメラを使った、安全装備や駐車のサポートシステムなども用意されている。
複数のカメラを使った、安全装備や駐車のサポートシステムなども用意されている。 拡大
 
ホンダ・オデッセイ/オデッセイ アブソルート【開発者インタビュー】の画像 拡大

関連キーワード:
オデッセイホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事