ホンダ・オデッセイ/オデッセイ アブソルート 開発者インタビュー

20年目の挑戦 2013.11.02 試乗記 本田技術研究所
栃木研究所 LPL室
主任研究員

中川真人(なかがわ まこと)さん

背が高くなり、初めてスライドドアが採用されるなど、大きく様変わりした新型「ホンダ・オデッセイ」。その目指したところとは? 開発者に聞いた。

時代が求めた変化

4枚ヒンジドア。乗用車的な走り。3列シートを持つミニバンとして、独特のポジションを得ていた「ホンダ・オデッセイ/オデッセイ アブソルート」がフルモデルチェンジを受けた。2013年11月1日に発売されたニューモデルは、全高がアップして背の高い一般的なミニバンフォルムに近づき、左右リアドアはスライド式となった。

5代目となった新型オデッセイの開発を取りまとめた中川真人主任研究員にお話をうかがった。

――ティザー広告でも強調されていたように、新型オデッセイ/オデッセイ アブソルートは、ついにスライドドアを採用しました。その理由は何ですか?

時代のニーズでしょうか。3代目オデッセイが出た10年前くらいまでは、セダン、ステーションワゴンからオデッセイに乗り換えるお客さまが多かった。そのころは、スライドドアというとワンボックスのイメージが強くて、むしろ嫌われていたんです。

ところが、その後、ミニバン市場がグワッと伸びると、スライドドアを備えたクルマが普及して、ユーザーの間で抵抗感がなくなった。そのうえ、スライドドアの便利さも認知されるようになりました。

――具体的には、どのような?

狭い場所でも、横に止まっているクルマを気にしないでドアを開閉できる。それが一番大きな利点です。また、お子さまやお年寄りの方も、ドアをサッと開けて、乗り降りがしやすい。そんなよさもあります。

5代目にして初めてスライドドアが採用された「オデッセイ」。全高を150mmアップする一方で、さらなる低床化も図り(ステップ高は先代比-60mm)、広い居住空間を確保したという。
5代目にして初めてスライドドアが採用された「オデッセイ」。全高を150mmアップする一方で、さらなる低床化も図り(ステップ高は先代比-60mm)、広い居住空間を確保したという。
リアビュー。過去4代のモデルに比べ、より“ミニバンらしい”たたずまいに。
リアビュー。過去4代のモデルに比べ、より“ミニバンらしい”たたずまいに。
<プロフィール>
1982年、本田技術研究所に入社。ブレーキ研究開発部門を経て、1989年以降、「プレリュード」「レジェンド」「アコード」「オデッセイ」「ストリーム」「エリシオン」のPL(プロジェクトリーダー)、PL代行を務める。今回、5代目「オデッセイ」のLPL(ラージプロジェクトリーダー)。趣味はゴルフ。個人の愛車は「アコードワゴン」。
<プロフィール>
	1982年、本田技術研究所に入社。ブレーキ研究開発部門を経て、1989年以降、「プレリュード」「レジェンド」「アコード」「オデッセイ」「ストリーム」「エリシオン」のPL(プロジェクトリーダー)、PL代行を務める。今回、5代目「オデッセイ」のLPL(ラージプロジェクトリーダー)。趣味はゴルフ。個人の愛車は「アコードワゴン」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る