三菱がMPVとSUVのクロスオーバーを提案【東京モーターショー2013】

2013.11.03 自動車ニュース
「三菱コンセプトAR」
「三菱コンセプトAR」

【東京モーターショー2013】三菱がMPVとSUVのクロスオーバーモデルを提案

三菱自動車は2013年11月1日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)で世界初公開する予定のコンセプトカー「コンセプトAR」の概要を発表した。

コンセプトARは、SUVの機動性を併せ持った6人乗りコンパクトMPVのコンセプトモデル。車名の「AR」は、「Active Runabout」に由来する。

同車は1.1リッター直3直噴ターボエンジン(134ps)に駆動回路一体型のベルト駆動スターター・ジェネレーター(13ps、48V)を組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載。副変速機付きのCVTを介して前輪を駆動する。

「MPVとSUVの融合を目指した」というエクステリアデザインは、四隅に配された大径タイヤでリフトアップされたボディーや、ボディー下部に配されたスキッドプレートが、「デリカD:5」のイメージを思い起こさせる。

インテリアはシンプルでクリーンなデザインを採用。6人乗りの室内は、「6人ゆったり乗車」「4人乗者でリアはラゲッジスペース」「4人対座で広いスペースを共有」といったフレキシブルなシートアレンジが可能となっている。

徹底した軽量化による低燃費化も注目ポイントの一つで、エンジンやハイブリッドシステムの軽量化、高張力鋼板の適用範囲拡大、軽量材料の採用などによって、燃費の大幅な軽減が図られている。(燃費の目標値は24.0km/リッター以上)

安全面でのサポートについては、予防安全技術「e-Assist」と情報システムを活用した「コネクティッドカー技術」の連携により、危険性の予測や警告、セーフティー機能の作動などを行う。

(工藤考浩)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。