ポルシェがパナメーラのトップモデルを公開【東京モーターショー2013】

2013.11.05 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ ターボS」
「ポルシェ・パナメーラ ターボS」

【東京モーターショー2013】ポルシェがパナメーラのトップモデルを公開

ポルシェ ジャパンは2013年11月5日、「パナメーラ ターボS」および、同車のホイールベースを15cm延長した「パナメーラ ターボSエグゼクティブ」の予約受付を開始した。このうち、ターボSエグゼクティブは第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)で世界初公開される予定。

「パナメーラ ターボS」
「パナメーラ ターボS」
「パナメーラ ターボSエグゼクティブ」
「パナメーラ ターボSエグゼクティブ」
「パナメーラ ターボSエグゼクティブ」
「パナメーラ ターボSエグゼクティブ」

パナメーラ ターボSとパナメーラ ターボSエグゼクティブは、最高出力570ps、最大トルク76.5kgm(オーバーブースト機能の作動時は81.6kgm)を発生する「パナメーラ」シリーズのトップモデルである。燃費は「パナメーラ ターボ」と同等の10.2リッター/100km(約9.8km/リッター、新ヨーロッパ走行サイクル)。最高速はともに310km/h、0-100km/hはターボSが3.8秒、ターボSエグゼクティブが3.9秒という動力性能を発揮する。

またターボではオプション扱いの「スポーツクロノパッケージ」が標準で備わるなど、走りに関する機能も充実しており、サスペンションには、アクティブ制御によるロール抑制システムである「ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)」や、エアサスを用いたアダプティブダンパーコントロールシステムの「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」を採用。さらに電子制御式リミテッドスリップリアディファレンシャルと連動して、左右リアホイールへのトルク配分を制御する「ポルシェ・トルク・ベクトリングプラス(PTV Plus)」や車速感応式の「パワーステアリングプラス」を装備している。

内外装も特別な仕立てとなっており、エクステリアではボディーカラーに専用色の「パラジウム メタリック」を採用。ボディー同色塗装仕上げの4-wayリアスポイラーや、ほかのグレードより大径でワイドな「20インチ911ターボIIホイール」を装備している。
一方、ツートンレザー仕上げのインテリアには、ダークバールウォールナットの加飾パネルを採用。シートは前後席ともにヒーター内蔵となっており、ターボSエグゼクティブでは、シートベンチレーションも標準装備となる。また、ターボSには、よりホールド性を高めたアダプティブスポーツシートをオプションで用意している。

トランスミッションはともに8段ATのみ。ハンドル位置はターボSには右と左の両方を、ターボSエグゼクティブには左のみを設定している。

価格はターボSが2660万円、ターボSエグゼクティブが2898万円。

(webCG)
 

関連記事
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その3) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ポルシェは「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、「911 GT3」の最新モデルなどを公開した。
  • 【上海ショー2017】ポルシェ、5台のニューモデルを出展 2017.4.21 自動車ニュース 独ポルシェは、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)に、ワゴンボディーを持つ「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、ロングボディーのショーファードリブン仕様「パナメーラ エグゼクティブ」など5台のニューモデルを出展した。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る