ルノー・日産グループと三菱が協力関係を強化

2013.11.06 自動車ニュース
三菱の水島製作所で生産される姉妹モデルの「日産デイズ」(奥)と「三菱eKワゴン」(手前)。
三菱の水島製作所で生産される姉妹モデルの「日産デイズ」(奥)と「三菱eKワゴン」(手前)。

ルノー・日産グループと三菱が協力関係を強化

ルノー・日産アライアンスと三菱自動車は2013年11月5日、商品、技術、生産能力を3社で共用する、新たなプロジェクトについて検討することで合意した。これにより、日産と三菱の戦略的協力関係が、今後はルノー・日産アライアンスにまで拡大することとなる。

 

今回の合意によると、日産と三菱は、軽自動車事業向けに設立した合弁会社NMKVを発展、強化。電気自動車(EV)バージョンを含む新たなグローバルエントリーカーを共同開発することについて検討するとしている。なお、この車両のベースには軽自動車のプラットフォームを使用。商品、販売市場、生産に関する詳細は別途発表する予定となっている。

また、ルノー・日産アライアンスと三菱との間で、EVおよび最新のプラットフォームに関連した技術と商品を共用。さらに、ルノー車をベースとした三菱ブランドの新型セダン2車種の投入についても、検討を進めるとしている。1車種は、米国およびカナダのDセグメント市場に投入予定のもので、生産は韓国、釜山のルノー・サムスン工場が担当。もう1車種はグローバルのCセグメント市場に投入予定のもので、生産工場は現在協議中としている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る