ルノー・日産グループと三菱が協力関係を強化

2013.11.06 自動車ニュース
三菱の水島製作所で生産される姉妹モデルの「日産デイズ」(奥)と「三菱eKワゴン」(手前)。
三菱の水島製作所で生産される姉妹モデルの「日産デイズ」(奥)と「三菱eKワゴン」(手前)。

ルノー・日産グループと三菱が協力関係を強化

ルノー・日産アライアンスと三菱自動車は2013年11月5日、商品、技術、生産能力を3社で共用する、新たなプロジェクトについて検討することで合意した。これにより、日産と三菱の戦略的協力関係が、今後はルノー・日産アライアンスにまで拡大することとなる。

 

今回の合意によると、日産と三菱は、軽自動車事業向けに設立した合弁会社NMKVを発展、強化。電気自動車(EV)バージョンを含む新たなグローバルエントリーカーを共同開発することについて検討するとしている。なお、この車両のベースには軽自動車のプラットフォームを使用。商品、販売市場、生産に関する詳細は別途発表する予定となっている。

また、ルノー・日産アライアンスと三菱との間で、EVおよび最新のプラットフォームに関連した技術と商品を共用。さらに、ルノー車をベースとした三菱ブランドの新型セダン2車種の投入についても、検討を進めるとしている。1車種は、米国およびカナダのDセグメント市場に投入予定のもので、生産は韓国、釜山のルノー・サムスン工場が担当。もう1車種はグローバルのCセグメント市場に投入予定のもので、生産工場は現在協議中としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
eKワゴンデイズ三菱日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」 2017.12.21 自動車ニュース 三菱自動車は2017年12月21日、軽乗用車「eKカスタム」に特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定し、販売を開始した。アウトドア用品の道具感を内外装のデザインに取り入れており、各所に施したオレンジのアクセントを特徴とする。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD) 2017.12.19 挑戦し続ける三菱アウトランダーPHEV<PR> 2017年にクルマづくり100周年を迎えた三菱自動車がこの秋、新しいブランドメッセージ「Drive your Ambition」を発表した。進化を続ける「アウトランダーPHEV」の試乗を通じて、このメッセージに込められた思いに触れてみる。
ホームへ戻る