ジープ・グランドチェロキー リミテッド(4WD/8AT)/グランドチェロキー ラレード(4WD/8AT)

ボーン・イン・ザ・ U.S.A. 2013.11.08 試乗記 内外装に手直しを受け、8段ATに換装されるなど、「ジープ・グランドチェロキー」のマイナーチェンジは通常の枠を超えた大掛かりなものだ。その仕上がり具合はいかに。3.6リッターV6エンジンを搭載する「リミテッド」と「ラレード」に試乗した。

8段ATで走りと燃費を強化

Born in the USA, I was born in the USA, born in the USA……とキリがありませんが、ボーン・イン・ザ・ USAの一台が新たに日本国に上陸した。ダイムラークライスラー時代(1998~2007年)の遺産、4代目「グランドチェロキー」のフェイスリフト版である。ご存じの方はご存じのように、日本市場では2011年に発表された4代目グラチェロは、メルセデス・ベンツの現行「Mクラス」とプラットフォームを共有する。2915mmのホイールベースは当然同じ、前ダブルウィッシュボーン/後ろマルチリンクのサスペンション形式も同じだ。つまりこれ、クルマの出来栄えからいって、ようするにベンツが開発したジープなのである。それって、すごくないですか。

で、こたびの4代目のフェイスリフトにおける機構的変更の目玉は、自動変速機が従来の5段からZF製の8段に換装されたことだ。「クライスラー300」と同様の改善が施されたわけだけれど、SUVの場合、8段化によるギア比のワイド化のメリットは大きい。下はローを低めることで、SUVに必要な悪路での極低速の走破性とけん引能力が大幅にアップ、上はトップを高めることでオンロードでの燃費性能を向上させている。燃費の改善は3.6リッターV6モデルで8%、5.7リッターV8で5%の向上をみている。

エクステリアでは顔がモダンになった。ヘッドライトがクライスラー300にも似たLEDとなり、空力の洗練を受けた。ちょっとワルい感じになって、じつにステキだ。

エンジンはV6とV8の2種類がある。今回試乗したのはV6のみなので、お話をV6に絞る。「ペンタスター」と誇らしげに名付けられた3.6リッターV6は現在のクライスラーの主力エンジンである。グラチェロでこれを搭載するモデルには、金属バネの「ラレード」と、エアサスと革内装をおごられた「リミテッド」の2グレードがある。価格は前車が427万3500円、後車が542万8500円。お値段以上なのは断然ラレードで、実際販売も半分以上がラレードになるとクライスラーも見ている。外観では、フロントバンパーの一部がクロムになり、マフラーがデュアルになっていたらリミテッドであるとわかる。デュアルマフラーを気にしなければ、クロム部分はブラックのままでもカッコいい。

今回は3.6リッターV6エンジン搭載車に試乗した。写真は上級グレードの「リミテッド」。
ZF社製8段ATは新型の目玉のひとつ。3.6リッターV6搭載車では燃費が約8%改善された。
ステアリングにはシフトパドルが備わる。
ベースグレードの「ラレード」。フロントバンパー下部のクロムモールが省かれるところが「リミテッド」との外観上の違い。
3.6リッターV6エンジンは従来型と変わらぬ286psと35.4kgmを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドチェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る