第321回:フェラーリの求人も! イタリア街角広告にワクワク

2013.11.08 エッセイ

ディーラー広告から家探しまで

イタリア車史を語るとき、その昔街中に貼り出されたフィアットのポスターが、たびたび話題になる。往年ほどの味わいはないが、その伝統は今も続いていて、新型車が発表されると地元ディーラーの名前が記されたポスターが街のあちこちに貼られる。

クルマに限らずイタリアでは、新規開店から死亡広告まで、おびただしいタイプのポスターが、街であちこちの壁を埋めている。
参考までにボクが住むシエナの場合、ポスターを貼り出す仕組みはこうだ。市役所で規定の広告料金(期間・スペースによる)を払って、貼ってほしいポスターを納める。すると後日、通称“アッタッキーノ”とよばれる市の職員が、三輪トラックでまわってそのポスターを貼ってくれる。ただし民間の広告看板スペースは、その限りではない。

いっぽうで、一般人の告知広告も活発である。よくあるのは「家探し」だ。シエナも含め多くの学生街で、賃貸は常に物件が品薄の状態である。不動産業者に行っても日本同様仲介手数料をとられるし、そもそも賃貸物件を扱っていないところが多い。
そこで、自ら「求む。アパート」と書き、興味ある人が持っていってくれるよう電話番号入り短冊を下部に付けたポスターを作る。そして、バス停や大学の掲示板など、人目のつくところに貼りまくる。
ボクと女房も何度か、そうやって家を探した。効果はともかく「信頼ある日本人夫婦」というキャッチを入れたり、似顔絵のイラストを入れたり、苦労しながらも楽しんだものである。

【写真1】1950年代のフィアット広告コレクション。トリノのフィアット歴史資料館(非公開)にて。
【写真2】今日のフィアットの路上広告から。「スクーターのごとく機敏なパンダ」をうたったもの。
【写真3】スーパーの壁に貼られたポスター。「庭仕事します」「副収入を得よう」と書かれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。