メルセデス・ベンツCLA180(FF/7AT)

新しい時代の“顔” 2013.11.14 試乗記 欧州はもちろん、日本市場に対しても積極的にニューモデルを投入し、攻勢をかけるメルセデス・ベンツ。続々と登場するニューフェイスの中から、今回は従来とは異なる顧客層の獲得を担うFFセダン「CLAクラス」に試乗した。

新規開拓はブランドの至上命題

2013年に入ってからのMBJ(メルセデス・ベンツ日本)の勢いが止まらない。1月に発表した「Aクラス」は前年末から例の「スペシャルアニメ」による積極的なティザーキャンペーンで確実なスタートダッシュを果たし、2月には「SLK200」にMTを追加。4月には「GLクラス」をフルモデルチェンジ。そして7月には今回の「CLAクラス」、さらに最高級セダンである「Sクラス」も11月上旬に販売を開始している。このほかにも大幅な改良を行ったモデルを加えると、毎月「これでもか!」という位、話題を提供し続けているのだ。

プレミアムブランドであるメルセデス・ベンツではあるが、従来までの顧客だけでは次の時代を生き抜いていくことは難しい。そんなことは百も承知でこの層を維持しつつ、新規顧客を獲得しなければならない。ビジネスである以上当然の考えである。

ではその新規顧客とはどのような層を指すのだろうか。単純に年齢などで区分けするのは最近のマーケット手法ではある意味ナンセンスという声も聞こえてきそうだが、それでもメルセデス・ベンツが資産として持つ「ロイヤルカスタマー」の若返りは必至だろう。昔ながらの、階段を登るようにクルマのクラスを上げていくのではなく、国産高級車からのダウンサイザーや輸入車の他ブランドからの積極的な移籍も当然視野に入る。

「メルセデス・ベンツCLAクラス」は2013年1月のデトロイトショーで世界初公開された新型のFFセダンで、日本では同年7月に販売が開始された。
「メルセデス・ベンツCLAクラス」は2013年1月のデトロイトショーで世界初公開された新型のFFセダンで、日本では同年7月に販売が開始された。
ボディーカラーは全7色の設定。テスト車にはオプションカラーの「ユニバースブルー」が採用されていた。
ボディーカラーは全7色の設定。テスト車にはオプションカラーの「ユニバースブルー」が採用されていた。
インパネ周りの基本設計は、プラットフォームを共有する「Aクラス」とほぼ共通。加飾パネルには、グレードやシートの色などに合わせ、アルミやカーボンなど4種類のデザインが用意される。
インパネ周りの基本設計は、プラットフォームを共有する「Aクラス」とほぼ共通。加飾パネルには、グレードやシートの色などに合わせ、アルミやカーボンなど4種類のデザインが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLAクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2014.3.27 試乗記 「CLAクラス」のトップ・オブ・ザ・レンジ、「CLA45 AMG 4MATIC」に試乗。実に360psを絞り出す2リッター直4ターボエンジンを備えたスーパーセダンは、同時にクラス随一の洗練も手に入れていた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク【試乗記】 2015.7.15 試乗記 コンパクトなハッチバック「Aクラス」と多くのメカニズムを共用する、メルセデス・ベンツの新型ワゴン「CLAシューティングブレーク」。試乗してみると、ほかのクルマとは異なる、このクルマならではの強みが見えてきた。
ホームへ戻る