ホンダ、「シビッククーペ」2014モデルを発表

2013.11.06 自動車ニュース
「ホンダ・シビッククーペ」
「ホンダ・シビッククーペ」

ホンダ、米国で「シビッククーペ」2014モデルを発表

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2013年11月5日(現地時間)、「2013 SEMA(Speciality Equipment Market Association)トレードショー」において、マイナーモデルチェンジを受けた北米仕様の「シビッククーペ」などを公開した。

「ホンダCR-Z」HPDアクセサリー装着モデル
「ホンダCR-Z」HPDアクセサリー装着モデル

SEMAトレードショーとは、米国ラスベガスで開催される世界最大規模の自動車アフターマーケットパーツショーである。

今回出展されたシビッククーペの2014年モデルは、セダンの2013年モデルに続いてマイナーチェンジを実施したもので、従来モデルからフロントフェンダーやボンネット、グリル、前後バンパー、ヘッドランプ、テールランプなどのデザインを変更している。

また、専用デザインのフロントバンパーガーニッシュや大型のリアデッキスポイラー、フロントとリアのエアディフューザーなどを装着した「シビックSiクーペ」も出展。同車はエキゾーストシステムのチューニングにより、シビッククーペより4ps高い205psの最高出力を実現しているという。

ホンダのブースでは、このほかにも「アコードクーペ」のHFP(Honda Factory Performance)アクセサリー装着モデルや、「CR-Z」のHPD(Honda Performance Development)アクセサリー装着モデルなどを展示している。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る