史上最速の量産アストン・マーティンが登場

2013.11.07 自動車ニュース
アストン・マーティンV12ヴァンテージS
アストン・マーティンV12ヴァンテージS

史上最速の量産アストン・マーティンが登場

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年11月6日、「V12ヴァンテージ」の後継モデルとなる「V12ヴァンテージS」を東京都内で発表した。330km/hの最高速をほこり、量産モデルとしてはアストン・マーティン史上最速とうたわれる。価格は2239万8000円。

5.9リッターV12エンジンは、従来の517psと58.1kgmから、573psと63.2kgmに強化された。これに伴い、動力性能が大幅に向上し、0-100km/hは4.2秒から3.9秒へ、最高速は305km/hから330km/hへそれぞれ引き上げられた。レーシングカーと限定生産のスーパースポーツカー「One-77」を除けば、史上最速のアストン・マーティンとうたわれる。

絶対性能だけでなく、日常的なドライバビリティー(運転のしやすさ)も改善されており、1000rpm時のトルクは44.9kgmから52.0kgmへ強化されている。

トランスミッションも変更され、現行の「V8ヴァンテージS」に搭載されているSportshift II AMT(オートメーテッド・マニュアル・トランスミッション/7段)を進化させたSportshift III AMT(7段)となった。
また、ヴァンテージ・シリーズとしては初めて3ステージ・アダプティブダンピングシステムが採用された。
ハンドル位置は右と左が用意される。

(webCG)

→「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」の詳しい写真はこちら。

→関連ニュースはこちら。

関連キーワード:
V12ヴァンテージアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
ホームへ戻る