「ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビュー

2013.11.08 自動車ニュース
アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ
アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ

「アストン・マーティン ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビュー

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年11月6日、フラッグシップスポーツカー「ヴァンキッシュ」のオープンモデル、「ヴァンキッシュ ヴォランテ」を東京都内で発表した。

 
「ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビューの画像
 
「ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビューの画像
 
「ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビューの画像

ボディーはフルカーボンファイバー製。同社のオープンカーとしては初の試みとなる。一方、ルーフはトリプルレイヤーの軽量ファブリックでできており、14秒でオープン状態にすることができる。ラゲッジルームの容量は279リッターと、従来の「DBSヴォランテ」と比較して50%拡大された。

クーペモデルと同じ573psの5.9リッターV12エンジンを搭載。0-100km/hを4.1秒でこなし、最高速は295km/hに達する。価格は3376万2750円。

(webCG)

→関連ニュースはこちら。

関連キーワード:
ヴァンキッシュ ヴォランテアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • アストン・マーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2014.7.4 試乗記
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG