「ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビュー

2013.11.08 自動車ニュース
アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ
アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ

「アストン・マーティン ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビュー

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年11月6日、フラッグシップスポーツカー「ヴァンキッシュ」のオープンモデル、「ヴァンキッシュ ヴォランテ」を東京都内で発表した。

 
「ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビューの画像
 
「ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビューの画像
 
「ヴァンキッシュ」のオープンが国内デビューの画像

ボディーはフルカーボンファイバー製。同社のオープンカーとしては初の試みとなる。一方、ルーフはトリプルレイヤーの軽量ファブリックでできており、14秒でオープン状態にすることができる。ラゲッジルームの容量は279リッターと、従来の「DBSヴォランテ」と比較して50%拡大された。

クーペモデルと同じ573psの5.9リッターV12エンジンを搭載。0-100km/hを4.1秒でこなし、最高速は295km/hに達する。価格は3376万2750円。

(webCG)

→関連ニュースはこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴァンキッシュ ヴォランテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストン・マーティンDB9ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2008.2.4 試乗記 アストン・マーティンDB9ヴォランテ(FR/6AT)
    ……2191万2100円

    イギリスのゲイドンで手造りされる、12気筒の高級スポーツカー「アストン・マーティンDB9」。オープンバージョンの「ヴォランテ」を駆り、その魅力を探った。
  • アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)【試乗記】 2009.3.3 試乗記 アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)
    ……1853万8800円

    排気量をアップするなど、昨年ビッグマイナーチェンジを受けた“ベビー・アストン”。その乗り味を、2ペダルMTのオープンモデル「ロードスター」でチェックしてみた。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る