市販前提!? 日産が三角翼型の電気自動車を出展【東京モーターショー2013】

2013.11.08 自動車ニュース
「日産ブレイドグライダー」
「日産ブレイドグライダー」

【東京モーターショー2013】市販前提!? 日産が三角翼型のEV「ブレイドグライダー」を出展

日産自動車は2013年11月8日、同年11月20日に開幕する東京モーターショーに、電気自動車(EV)のコンセプトモデル「ブレイドグライダー」を出展すると発表した。


市販前提!? 日産が三角翼型の電気自動車を出展【東京モーターショー2013】の画像
リアビュー。左右の後輪それぞれにインホイールモーターが備わる。
リアビュー。左右の後輪それぞれにインホイールモーターが備わる。
「ブレイドグライダー」の乗車定員は3人。ドライバーは中央の席に座る。
「ブレイドグライダー」の乗車定員は3人。ドライバーは中央の席に座る。
コックピット内部の様子。
コックピット内部の様子。
左右のドアは、斜め上方に向かって開く。
左右のドアは、斜め上方に向かって開く。

「ブレイドグライダー」は、三角翼(デルタ翼)の飛行機に似た外観を持つ、日産のコンセプトEV。ここ数年来同社が開発してきたユニークなレーシングカー「デルタウイング」「ZEOD RC」を、やや市販車寄りにしたものといっていい。
実際、ブレイドグライダーの開発には、これらレーシングカーの開発陣が関わっており、将来の販売も視野に入れているという。

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)でできたボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4200×1890×1140mmで、ホイールベースは2800mm。フロントの狭い部分の車体幅は、1000mmとなっている。

ドライバーが乗るのは、車体の中央。パッセンジャーをその両サイド後方に置く、3シーターレイアウトをとるのも特徴。
「幅の狭いフロントトレッドと、広く安定性のあるリアトレッド、リアの両輪に備わる左右独立型インホイールモーターが、これまでにない、直感的でオンザレールなドライブフィールをドライバーに提供する」というのが、日産の主張だ。

なお、パワーユニット(モーター)の出力や車重など、さらに具体的な数値は、現時点では明らかにされていない。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。