メルセデス、「S65 AMGロング」を世界初公開【東京モーターショー2013】

2013.11.08 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS65 AMGロング」
「メルセデス・ベンツS65 AMGロング」

【東京モーターショー2013】メルセデス、「S65 AMGロング」など計16台を出展

メルセデス・ベンツ日本は2013年11月8日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)の出展概要を発表した。


メルセデス、「S65 AMGロング」を世界初公開【東京モーターショー2013】の画像
「コンセプトSクラスクーペ」
「コンセプトSクラスクーペ」
「G350ブルーテック」
「G350ブルーテック」
「スマート・フォーツーBRABUS エレクトリックドライブ」
「スマート・フォーツーBRABUS エレクトリックドライブ」

今回、メルセデス・ベンツは、安全性と快適性を高次元で融合した革新的テクノロジーを意味する「インテリジェントドライブ」をテーマにブースを構成。全14台の車両を展示するとしている。

このうち、新型「Sクラス」の最上級モデルにあたる、6リッターV12ツインターボエンジンを搭載した「S65 AMGロング」は今回が世界初公開となる。メルセデス・ベンツが“ワールドプレミア”の舞台に東京モーターショーを選ぶのは8年ぶりのことで、今回はS65 AMGロングに加え、AMGのスーパースポーツモデルの特別仕様車も発表を予定。いずれも市販予定車となっている。

また、2013年9月のフランクフルトショーで発表された「コンセプトSクラスクーペ」も参考出品。こちらは今回が日本初公開となる。

市販車両では「CLAクラス」の高性能モデルである「CLA45 AMG」や、2013年5月に大幅な改良を受けた「Eクラス」のハイブリッドモデル、ディーゼルエンジンを搭載した「G350ブルーテック」などの展示を予定している。

一方、スマートブランドからは、電気自動車の「フォーツー エレクトリックドライブ」をベースに、ブラバスが専用チューニングを施した「フォーツーBRABUS エレクトリックドライブ」と、デンマークのインテリアブランド「BoConcept(ボーコンセプト)」とのコラボレーションモデルである「フォーツークーペmhd エディション ボーコンセプト」の、2台の市販予定車を出展。いずれも、日本では今回が初公開となる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。