BMW i3(RR)

電気で駆けぬける歓び 2013.11.12 試乗記 BMW iの最初の量産モデルとなる「i3」のステアリングを握る日がやってきた。電気はわれわれにどんな「駆けぬける歓び」をもたらしてくれるのだろうか。

興味かき立てるカタチ

日本からの直行便にて降り立ったのはオランダはアムステルダム。見渡せば、街中の至るところに車両充電用のスポットがあり、その多くに当たり前のように電気自動車(EV)がつながっている。ここはインフラはもちろん、車両購入時のインセンティブ等々の充実した、そして実際の販売も飛び抜けた実績をもつ、強力なEV推進都市なのだ。

そんなおあつらえ向きの街へと来たのは、いよいよ登場した市販仕様の「BMW i3」に試乗するためである。ショー会場やテストコースでではなく、街中でカムフラージュなしで見るi3は、本当に鮮烈な印象をもたらしていた。

全長3999mm×全幅1775mm×全高1578mmという短く、背の高いフォルムは、切り詰められた前後オーバーハング、標準で155/70R19、今回の試乗車では175/65R19という細身かつ大径のタイヤ、上側をブラックに塗り分けたツートーンのボディーカラーなどと相まって、サイズ以上の存在感を醸し出している。

未来的ではあるけどクールには過ぎず、ファニーなカタチであることは間違いないけれど、顔にはちゃんと凛々(りり)しいBMWらしさも宿る。この辺りの案配はなかなか巧みだ。どんな乗り味なんだろうと興味をかき立てる、無視できない魅力がある。

もちろん、見た目が斬新なだけではない。BMWが今新たに、BMW iというサブブランドを立ち上げてi3、そしてプラグインハイブリッドスポーツカーの「i8」を世に出すのは、新しいかたちのサスティナブルなモビリティーを提案するためである。

パワートレインの電気化だけが、その新しさではない。車体も、アルミ製のシャシーに、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)のキャビンを組み合わせた新構造により、徹底的な軽量化が行われる。また、単にクルマが高効率だというだけにとどまらず、クリーンエネルギーにてすべてが賄われる専用工場での生産など、クルマが生まれ、使われ、いずれ廃棄に至るまでのすべての場面での環境負荷低減が指向されている。BMW iとは、そんな極めて意欲的なプロジェクトなのだ。

試乗の舞台はオランダ・アムステルダム。同市はEVの普及を大いに推進している。
試乗の舞台はオランダ・アムステルダム。同市はEVの普及を大いに推進している。
全長は3999mmで全高は1578mm。ショートオーバーハングデザインが俊敏性を強調する。
全長は3999mmで全高は1578mm。ショートオーバーハングデザインが俊敏性を強調する。
ユニークなサイドのウィンドウグラフィックは、BMWみずから「ストリーム・フロー」と呼ぶ。デザイン的なインパクトを企図すると同時に、後席に開放感をもたらしているだけでなく、ボディーの優れた空力特性も表現しているという。テールゲートは全面ガラス張りとなる。
ユニークなサイドのウィンドウグラフィックは、BMWみずから「ストリーム・フロー」と呼ぶ。デザイン的なインパクトを企図すると同時に、後席に開放感をもたらしているだけでなく、ボディーの優れた空力特性も表現しているという。テールゲートは全面ガラス張りとなる。

BMW i3(RR)【海外試乗記】の画像
関連記事 ホームへ戻る