シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)

我慢知らずのカブリオレ 2013.11.19 試乗記 個性的なスタイリングと活発な走りで、ユニークな存在感を放っている「シトロエンDS3」。空を味方につけて、その魅力はどう変わったのだろうか。真っ赤な「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」で秋の箱根を行く。

気負わずにオープンエアモータリング

「DS3カブリオ」と聞いて、真っ先に思い浮かべたのは、キャンバストップがガバッと開くフルオープンカーの姿だった。同じグループなら「プジョー205」や「306」のカブリオレのイメージ。DS3ならボディーもコンパクトだから、街乗りが楽しそう……なんて想像していたから、本当の姿を知ってびっくり、ルーフサイドフレームが残っているではないか!

確かに最近は「フィアット500C」など、ルーフサイドフレームが残るオープンモデルが増え、カブリオレの定義があいまいになっているのかもしれない。でも、これでカブリオと呼ぶのはさびしいなぁ……。

そう言っておきながら、個人的にはこのスタイルは嫌いじゃない。自身のオープンカー遍歴を振り返ったとき、ルーフを開ける機会が一番多かったのは、「フォルクスワーゲン・ポロ オープンエア」という、ルーフサイドフレームが残る電動キャンバストップのクルマだった。カブリオレほど開閉に手間が掛からないし、ルーフが開いていても外からはわからないので、気負わずに開けられる。冬場でも室内はぬくぬく。それでいて、十分な開放感が味わえるので、日差しがつらい真夏や雨や雪が降るとき以外は、大抵ルーフを開け放ち、オープンエアモータリングを楽しんだものだ。

だから、DS3カブリオがどんなクルマかを知ったとき、一瞬さびしい気持ちになったものの、すぐに期待が膨らんでしまったのだ。

グレードは「スポーツシック」のみ、トランスミッションも6MTのみというシンプルな設定。テスト車のボディーカラーは「ルージュ ルビ」と呼ばれる赤のパール塗装。
グレードは「スポーツシック」のみ、トランスミッションも6MTのみというシンプルな設定。テスト車のボディーカラーは「ルージュ ルビ」と呼ばれる赤のパール塗装。
小径のレザーステアリングにアルミペダルと、室内はスポーティーな仕立て。試乗車にはディーラーオプションのナビゲーションシステムが装着されていた。
小径のレザーステアリングにアルミペダルと、室内はスポーティーな仕立て。試乗車にはディーラーオプションのナビゲーションシステムが装着されていた。
レザーシートが標準で備わる。ボディーカラーが「ルージュ ルビ」の場合、ダッシュボードは「カーボテック」、シートカラーは「ミストラル」(黒)という組み合わせになる。
レザーシートが標準で備わる。ボディーカラーが「ルージュ ルビ」の場合、ダッシュボードは「カーボテック」、シートカラーは「ミストラル」(黒)という組み合わせになる。
後席は3人掛け。「このクラス初の5シーターオープン」とうたわれる。電動ソフトトップをフルオープンにすると、後席はかくも開放的な空間に。
後席は3人掛け。「このクラス初の5シーターオープン」とうたわれる。電動ソフトトップをフルオープンにすると、後席はかくも開放的な空間に。
関連記事
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • シトロエンDS3/DS3カブリオ 2014.5.23 画像・写真 マイナーチェンジを受けた「シトロエンDS3」を写真で紹介する。
  • 燃費を57%改善した「シトロエンC3」が登場 2014.2.17 自動車ニュース シトロエンが「C3」に直3エンジンと新開発の5段ATを搭載し、販売を開始した。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
ホームへ戻る