シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)

我慢知らずのカブリオレ 2013.11.19 試乗記 個性的なスタイリングと活発な走りで、ユニークな存在感を放っている「シトロエンDS3」。空を味方につけて、その魅力はどう変わったのだろうか。真っ赤な「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」で秋の箱根を行く。

気負わずにオープンエアモータリング

「DS3カブリオ」と聞いて、真っ先に思い浮かべたのは、キャンバストップがガバッと開くフルオープンカーの姿だった。同じグループなら「プジョー205」や「306」のカブリオレのイメージ。DS3ならボディーもコンパクトだから、街乗りが楽しそう……なんて想像していたから、本当の姿を知ってびっくり、ルーフサイドフレームが残っているではないか!

確かに最近は「フィアット500C」など、ルーフサイドフレームが残るオープンモデルが増え、カブリオレの定義があいまいになっているのかもしれない。でも、これでカブリオと呼ぶのはさびしいなぁ……。

そう言っておきながら、個人的にはこのスタイルは嫌いじゃない。自身のオープンカー遍歴を振り返ったとき、ルーフを開ける機会が一番多かったのは、「フォルクスワーゲン・ポロ オープンエア」という、ルーフサイドフレームが残る電動キャンバストップのクルマだった。カブリオレほど開閉に手間が掛からないし、ルーフが開いていても外からはわからないので、気負わずに開けられる。冬場でも室内はぬくぬく。それでいて、十分な開放感が味わえるので、日差しがつらい真夏や雨や雪が降るとき以外は、大抵ルーフを開け放ち、オープンエアモータリングを楽しんだものだ。

だから、DS3カブリオがどんなクルマかを知ったとき、一瞬さびしい気持ちになったものの、すぐに期待が膨らんでしまったのだ。

グレードは「スポーツシック」のみ、トランスミッションも6MTのみというシンプルな設定。テスト車のボディーカラーは「ルージュ ルビ」と呼ばれる赤のパール塗装。
グレードは「スポーツシック」のみ、トランスミッションも6MTのみというシンプルな設定。テスト車のボディーカラーは「ルージュ ルビ」と呼ばれる赤のパール塗装。
小径のレザーステアリングにアルミペダルと、室内はスポーティーな仕立て。試乗車にはディーラーオプションのナビゲーションシステムが装着されていた。
小径のレザーステアリングにアルミペダルと、室内はスポーティーな仕立て。試乗車にはディーラーオプションのナビゲーションシステムが装着されていた。
レザーシートが標準で備わる。ボディーカラーが「ルージュ ルビ」の場合、ダッシュボードは「カーボテック」、シートカラーは「ミストラル」(黒)という組み合わせになる。
レザーシートが標準で備わる。ボディーカラーが「ルージュ ルビ」の場合、ダッシュボードは「カーボテック」、シートカラーは「ミストラル」(黒)という組み合わせになる。
後席は3人掛け。「このクラス初の5シーターオープン」とうたわれる。電動ソフトトップをフルオープンにすると、後席はかくも開放的な空間に。
後席は3人掛け。「このクラス初の5シーターオープン」とうたわれる。電動ソフトトップをフルオープンにすると、後席はかくも開放的な空間に。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンDS3/DS3カブリオ 2014.5.23 画像・写真 マイナーチェンジを受けた「シトロエンDS3」を写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
ホームへ戻る