「フォード・フィエスタ」が2014年に日本上陸

2013.11.11 自動車ニュース
「フォード・フィエスタ」
「フォード・フィエスタ」

「フォード・フィエスタ」が2014年に日本上陸

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年11月11日、コンパクトカー「フォード・フィエスタ」を2014年初頭に日本に導入すると発表した。

 

フォード・フィエスタは、1976年に欧州でデビューしたBセグメントのサブコンパクトカーである。今日までの累計販売台数は1500万台を超える。現在では世界62カ国で販売される世界戦略車となっており、2012年の販売台数は72万3130台を記録している。

現行モデルは、パワーユニットに1リッター直3直噴ターボエンジンの「1.0L エコブースト」を搭載。高圧燃料噴射や吸排気独立可変バルブタイミング機構などの採用により、最高出力100ps、最大トルク17.3kgmのアウトプットと低燃費を両立している。またトランスミッションには6段のデュアルクラッチ式AT「パワーシフト」を採用している。

デザインは、フォードが提唱してきた「キネティック(動的な)デザイン」コンセプトをさらに進化させた「One Global Design Language(ワン グローバル デザイン ランゲージ)」というテーマを反映したもので、クロムバーが配された一体型の台形グリル、シャープに切れ上がったヘッドランプ、フロントからリアに向かって一直線に伸びるプレスライン、立体的なハニカムデザインを取り入れたテールランプなどが特徴となっている。日本仕様の主なスペック(予定)は以下の通り。

主要諸元
・全長×全幅×全高:3995×1720×1475mm
・駆動形式:FF
・エンジン:997cc 直列3気筒 直噴式インタークーラー付きターボ
・最高出力:100ps(74kW)/6000rpm
・最大トルク:17.3kgm(170Nm)/1400-4000rpm
・トランスミッション:6段パワーシフト(デュアルクラッチトランスミッション)

(webCG)
 

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る