「フォード・フィエスタ」が2014年に日本上陸

2013.11.11 自動車ニュース
「フォード・フィエスタ」
「フォード・フィエスタ」

「フォード・フィエスタ」が2014年に日本上陸

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年11月11日、コンパクトカー「フォード・フィエスタ」を2014年初頭に日本に導入すると発表した。

 

フォード・フィエスタは、1976年に欧州でデビューしたBセグメントのサブコンパクトカーである。今日までの累計販売台数は1500万台を超える。現在では世界62カ国で販売される世界戦略車となっており、2012年の販売台数は72万3130台を記録している。

現行モデルは、パワーユニットに1リッター直3直噴ターボエンジンの「1.0L エコブースト」を搭載。高圧燃料噴射や吸排気独立可変バルブタイミング機構などの採用により、最高出力100ps、最大トルク17.3kgmのアウトプットと低燃費を両立している。またトランスミッションには6段のデュアルクラッチ式AT「パワーシフト」を採用している。

デザインは、フォードが提唱してきた「キネティック(動的な)デザイン」コンセプトをさらに進化させた「One Global Design Language(ワン グローバル デザイン ランゲージ)」というテーマを反映したもので、クロムバーが配された一体型の台形グリル、シャープに切れ上がったヘッドランプ、フロントからリアに向かって一直線に伸びるプレスライン、立体的なハニカムデザインを取り入れたテールランプなどが特徴となっている。日本仕様の主なスペック(予定)は以下の通り。

主要諸元
・全長×全幅×全高:3995×1720×1475mm
・駆動形式:FF
・エンジン:997cc 直列3気筒 直噴式インタークーラー付きターボ
・最高出力:100ps(74kW)/6000rpm
・最大トルク:17.3kgm(170Nm)/1400-4000rpm
・トランスミッション:6段パワーシフト(デュアルクラッチトランスミッション)

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
    3カ月間で3800kmを後にして思ったこと
    2016.3.25 フォード・フォーカス日常劇場<PR> 3カ月間、距離にして3800km、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス! 駆け足でこの3カ月を振り返る。
  • 第14回:フォーカスの実用燃費報告
    約2000km走って11.0km/リッターを記録
    2016.2.26 フォード・フォーカス日常劇場<PR> フォーカスがwebCGにやって来てから早いもので2カ月が経過した。約2000km走って得た実用燃費は11.0km/リッター。燃費を伸ばすためには、ちょっとした傾向と対策があることがわかってきた。
ホームへ戻る