「フォード・フィエスタ」が2014年に日本上陸

2013.11.11 自動車ニュース
「フォード・フィエスタ」
「フォード・フィエスタ」

「フォード・フィエスタ」が2014年に日本上陸

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年11月11日、コンパクトカー「フォード・フィエスタ」を2014年初頭に日本に導入すると発表した。

 

フォード・フィエスタは、1976年に欧州でデビューしたBセグメントのサブコンパクトカーである。今日までの累計販売台数は1500万台を超える。現在では世界62カ国で販売される世界戦略車となっており、2012年の販売台数は72万3130台を記録している。

現行モデルは、パワーユニットに1リッター直3直噴ターボエンジンの「1.0L エコブースト」を搭載。高圧燃料噴射や吸排気独立可変バルブタイミング機構などの採用により、最高出力100ps、最大トルク17.3kgmのアウトプットと低燃費を両立している。またトランスミッションには6段のデュアルクラッチ式AT「パワーシフト」を採用している。

デザインは、フォードが提唱してきた「キネティック(動的な)デザイン」コンセプトをさらに進化させた「One Global Design Language(ワン グローバル デザイン ランゲージ)」というテーマを反映したもので、クロムバーが配された一体型の台形グリル、シャープに切れ上がったヘッドランプ、フロントからリアに向かって一直線に伸びるプレスライン、立体的なハニカムデザインを取り入れたテールランプなどが特徴となっている。日本仕様の主なスペック(予定)は以下の通り。

主要諸元
・全長×全幅×全高:3995×1720×1475mm
・駆動形式:FF
・エンジン:997cc 直列3気筒 直噴式インタークーラー付きターボ
・最高出力:100ps(74kW)/6000rpm
・最大トルク:17.3kgm(170Nm)/1400-4000rpm
・トランスミッション:6段パワーシフト(デュアルクラッチトランスミッション)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る