「イヴォーク」にオープンのコンセプト【ジュネーブショー2012】

2012.02.28 自動車ニュース
「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル コンセプト」
「イヴォーク」にオープンのコンセプト【ジュネーブショー2012】

【ジュネーブショー2012】「レンジローバー イヴォーク」にコンバーチブルのコンセプト

英ランドローバーは、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)に、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル コンセプト」を出展する。

「イヴォーク」にオープンのコンセプト【ジュネーブショー2012】

発売後、世界170カ国で好調なセールスを記録しているという「レンジローバー イヴォーク」。ランドローバーはその好調に甘んじることなく、ジュネーブモーターショーで「コンバーチブル コンセプト」を公開し、“プレミアム・コンバーチブルSUV”という新しいマーケット創造の可能性を探る予定だ。

3ドアの「イヴォーク クーペ」がベース。シートレイアウトは4座で、ロールオーバー・プロテクションシステムを装備し、ほろ製のトップはキャビン後方に畳まれるとパネルで完全に覆われるようになっている。デザイン作業は、ランドローバーのデザインディレクターであるジェリー・マクガバン率いる社内のチームが行った。

装備は量産型イヴォークと同様に充実している。走行モード切り替えシステムの「テレイン・レスポンス」、サラウンドカメラ、パークアシスト、8インチのディスプレイ(デュアルビュータイプ)、イギリスのオーディオブランド「メリディアン」社のオーディオシステムなどを備えている。

(webCG 竹下)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る