ホンダ・フィットハイブリッド Sパッケージ(FF/7AT)

飛ばせるハイブリッド 2013.11.18 試乗記 好調なセールスが伝えられる、新型「ホンダ・フィットハイブリッド」。その走りは、どれほどのものなのか? スポーティーグレード「Sパッケージ」で試した。

3代目の挑戦

「売り家と唐様で書く3代目」と昔からいわれるように、3代目の商売は難しい。初代が創造し、2代目が発展させた商売を継承しながら変革することが求められるけれど、ヒット商品を変えることには当然リスクが伴うし、何よりもそのための勇気が要るからだ。そういう点では、これまでとはガラッと変わった新しい「フィット」を送り出したホンダの挑戦的姿勢をまずたたえたい。セールスについても新型フィットは発売から1カ月で6万2000台を受注(月販計画台数は1万5000台)するという素晴らしいスタートダッシュを見せている。しかもそのうち7割がハイブリッドモデルだという。ベストセラーの座を争うトヨタ勢とのハイブリッド対決に注目、と思っていたら、果たして発売翌月の10月のセールスでは早速2万3281台を記録、「プリウス」と「アクア」を抑え、2年半ぶりにトップの座を奪還したという。

ホンダがスポーツハイブリッドi-DCD(インテリジェント・デュアルクラッチ・ドライブ)と称する新しいハイブリッドシステムは、1.5リッター4気筒 DOHC アトキンソンサイクルエンジンに、7段DCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)とモーターを組み合わせ、発進・減速時にはエンジンが止まった“EVモード”走行ができるようになったのが最大の特徴である。「ハイブリッド Sパッケージ」は4モデルがラインナップされているハイブリッドシリーズで最もスポーティーなグレードという位置づけで、ステンレス製ペダルや大型リアスポイラー、16インチアルミホイールなどに加え、このハイブリッド車ではこのSパッケージのみにシフトパドルが備わる。その分車重もシリーズ中で一番重く1160kg(オプション装備含む)、当然JC08モードでの燃費は下がり、31.4km/リッターとなる。

新型フィットハイブリッドのいわゆるシステム最大出力は137ps、ちなみにアクアは100psとされているからその余裕は明らかだ。ただし、従来型から倍増した22kW(29.5ps)を生み出すモーターを備えるフィットに対して、アクアは45kW(61ps)とほぼ2倍であり、よりモーターの仕事量が大きいというキャラクターの違いが浮き彫りになっている。ひとことで言ってフィットは「ハイブリッドだから仕方ないね」、という燃費優先ゆえの我慢を感じさせず、キビキビと走る。モーター走行の割合は小さいが、DCTを採用しているだけにエンジン回転とともにリニアに車速が増していく感覚は普通のガソリン車とほとんど変わらない。“ハイブリッド臭”がしないパワートレインといえるだろう。

テスト車は、「フィットハイブリッド」のスポーティーグレード「Sパッケージ」。「フィットRS」と同じリアバンパーやテールゲートスポイラー、16インチアルミホイールが備わる。
モデルチェンジに際し、質感の向上にこだわったというインテリア。「Sパッケージ」のシートは、オレンジ色のアクセントが特徴。
新型「フィットハイブリッド」には、量産型ホンダ車として初となる“シフト・バイ・ワイヤ”が採用されている。
ハイブリッドユニットは、先代モデルに比べ、出力、燃費ともにアップ。デュアルクラッチ式の7段AT「SPORT HYBRID i-DCD」が組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る