限定車「VWザ・ビートル レーサー」受注始まる

2013.11.13 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー
フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー

限定車「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー」受注始まる

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年11月13日、「ザ・ビートル」の特別限定車「ザ・ビートル レーサー」の国内受注を、ウェブサイトを通じて開始した。

「ザ・ビートル レーサー」は、2リッター直4ターボエンジンを搭載するスポーティーモデル「ザ・ビートル ターボ」をベースとする世界で3500台の限定モデル。
エクステリアは、ブラックの太いストライプやボディーサイドの「TURBO」ロゴ、10スポークの19インチアルミホイール、シルバーのブレーキキャリパーなどで飾られる。

インテリアは、ツートンカラー(グレー×ブラック)のファブリックスポーツシートや、黄色いステッチがあしらわれた専用の革巻きマルチファンクションステアリングホイールが特徴。ステアリングホイールのスポークには、限定3500台のうち何番目に生産されたのかを示すシリアルナンバー入りのプレートも添えられる。

日本市場への割り当ては限定100台で、価格は394万円。車両の納期は、2014年3月が予定されている。

なお、「ザ・ビートル レーサー」は、海外では「ザ・ビートルGSR」(Gelb-Schwarze Renner。英訳するとYellow/Black Racer)の名で販売される。
1973年に同じく3500台が生産された「1303S GSR」に由来するものだが、日本市場では、わかりやすく個性を表現する手段として“レーサー”のネーミングを採用したという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る