限定車「VWザ・ビートル レーサー」受注始まる

2013.11.13 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー
フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー

限定車「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー」受注始まる

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年11月13日、「ザ・ビートル」の特別限定車「ザ・ビートル レーサー」の国内受注を、ウェブサイトを通じて開始した。

「ザ・ビートル レーサー」は、2リッター直4ターボエンジンを搭載するスポーティーモデル「ザ・ビートル ターボ」をベースとする世界で3500台の限定モデル。
エクステリアは、ブラックの太いストライプやボディーサイドの「TURBO」ロゴ、10スポークの19インチアルミホイール、シルバーのブレーキキャリパーなどで飾られる。

インテリアは、ツートンカラー(グレー×ブラック)のファブリックスポーツシートや、黄色いステッチがあしらわれた専用の革巻きマルチファンクションステアリングホイールが特徴。ステアリングホイールのスポークには、限定3500台のうち何番目に生産されたのかを示すシリアルナンバー入りのプレートも添えられる。

日本市場への割り当ては限定100台で、価格は394万円。車両の納期は、2014年3月が予定されている。

なお、「ザ・ビートル レーサー」は、海外では「ザ・ビートルGSR」(Gelb-Schwarze Renner。英訳するとYellow/Black Racer)の名で販売される。
1973年に同じく3500台が生産された「1303S GSR」に由来するものだが、日本市場では、わかりやすく個性を表現する手段として“レーサー”のネーミングを採用したという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
ホームへ戻る