スバルBRZ tS GT PACKAGE(FR/6MT)

思い切り楽しめるスポーツカー 2013.11.21 試乗記 スバルのモータースポーツ部隊「STI」が手掛けたコンプリートカー「BRZ tS」に、一般道とサーキットで試乗。クローズドコースを走り込んで分かった、STIチューンの神髄とは?

硬いけれど上質な乗り心地

STI(スバルテクニカインターナショナル)が手掛けた「BRZ」のコンプリートカー「tS」に、とうとう試乗することができた。幸運にも、一般道とサーキットという、ふたつのステージでだ。ちなみに編集担当氏からは、「くれぐれも限界性能のみのインプレッションにはならないように……」とクギを刺されていた。確かにその気持ちはよくわかる。いくら増えてきたとはいえ、実際にサーキットを走る人の数はまだまだ少ない。そこでの良否をいくら熱心に伝えても、『webCG』の読者に「サーキットなんか走らないもん」と言われてしまえば、それまでだからだ。
それでも筆者が、このtSをサーキットで走らせたいと切望したのは、やはりこのクルマが「走らせてなんぼ」のスポーツカーだからである。
そしてそのもくろみは、見事に当たっていたと思う。

一般道での乗り心地は、はっきりと硬め。いわゆる街乗りレベルでは、路面の凹凸に対して吸収しきれなかった入力が、じかにボディーへと伝わってくる。だからこのtSは、決して「乗り心地のいいクルマ」ではない。
ただ面白いのは、その突き上げがそれほど不快ではないことだ。むしろこの乗り味を、上質と評するドライバーもたくさんいるだろう。その理由は、与えられた入力が一発でビシッと収まるからである。高い剛性を持ちながらも、初期の衝撃吸収能力が高いタイヤ「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」と、これをベースに開発された専用ダンパー。そしてBRZのボディー剛性が、結果的に衝撃のカドを、うまく取り去っている。

「BRZ tS」に搭載されるエンジンのスペックは、「BRZ」と同じ200psと20.9kgm。STI製フレキシブルタワーバーは「tS」の専用装備品。
「BRZ tS」に搭載されるエンジンのスペックは、「BRZ」と同じ200psと20.9kgm。STI製フレキシブルタワーバーは「tS」の専用装備品。
「GT PACKAGE」には、SRSサイドエアバッグを備えるRECARO製のバケットタイプフロントシートが装着される。
「GT PACKAGE」には、SRSサイドエアバッグを備えるRECARO製のバケットタイプフロントシートが装着される。

スバルBRZ tS GT PACKAGE(FR/6MT)【試乗記】の画像
ブラック塗装の18インチアルミホイールは「GT PACKAGE」の専用装備品。組み合わされるタイヤのサイズはフロント・リアともに225/40ZR18となる。
ブラック塗装の18インチアルミホイールは「GT PACKAGE」の専用装備品。組み合わされるタイヤのサイズはフロント・リアともに225/40ZR18となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る