第322回:プジョーシトロエン救済に中国資本が!? フランス人の反応は?

2013.11.15 エッセイ

東風に救済打診か

「PSAプジョーシトロエンが、中国メーカーに助けを求める?」

この報道がなされたのは、2013年10月のことだった。このニュースは、地元フランスはもとより、ボクが住むイタリアでも経済紙を中心に、それなりのスペースを割いて採り上げられた。

これまでの流れを要約しよう。2013年7月、中国紙が「経営再建中のPSAプジョーシトロエン(以下、PSA)が、東風汽車に資本提携の可能性を打診している」と報じたことが、話題の始まりだった。この時点ではPSAは一切のコメントを出さなかった。だが10月初旬になると、同社が特定の企業名こそ公表しなかったものの、複数のパートナーと経営再建のための交渉をしていると明らかにした。それを機会に、PSAの再建案に関して、さまざまな報道が駆け巡った。

「フランス政府の公的資金投入」も含めた諸説のなかで、最も有力な説として浮上したのが、「PSAが30%の増資を行い、それを東風が引き受ける」というものだった。

2012年北京ショーで発表されたシトロエンのコンセプトカー「Numero 9(ニュメロ・ヌフ)」。ドゥブル・シェブロンの新世代フラッグシップは、成長する中国市場を意識している。(写真は同年のパリモーターショー)
2012年北京ショーで発表されたシトロエンのコンセプトカー「Numero 9(ニュメロ・ヌフ)」。ドゥブル・シェブロンの新世代フラッグシップは、成長する中国市場を意識している。(写真は同年のパリモーターショー)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。