日産、「e-NV200」を2014年度中に日本導入

2013.11.14 自動車ニュース
「日産e-NV200」
「日産e-NV200」

日産、商用EV「e-NV200」を2014年度中に日本導入

日産自動車は2013年11月14日、「e-NV200」を2014年度中に日本市場に投入すると発表した。

 

e-NV200は、商用バンタイプの電気自動車(EV)であり、2014年半ばにスペインのバルセロナ工場で生産を開始し、世界各国での販売を予定している。

日産は現在、同車の特長を生かした活用法のモデルケースを確立すべく、地元自治体の横浜市と具体策を検討している。2013年東京モーターショー(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)では、横浜市のマークを施したe-NV200を参考出品する予定だ。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 第7回:世界の街で働くクルマ 2013.9.26 特集 日産の試乗会から、日本にない商用車や、開発段階にある“未来の働くクルマ”を紹介。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
ホームへ戻る