「スバル・レガシィ」のコンセプトモデル、公開【LAショー2013】

2013.11.14 自動車ニュース
「スバル・レガシィ コンセプト」
「スバル・レガシィ コンセプト」

【LAショー2013】「スバル・レガシィ」のコンセプトモデル、公開

富士重工業は2013年11月14日、同年11月20日に幕を開けるロサンゼルスオートショーにおいて、コンセプトモデル「スバル・レガシィ コンセプト」を世界初公開する。

「レガシィ コンセプト」は、スバルのフラッグシップモデルである「レガシィ」の、将来的なデザインを示唆するコンセプトモデル。「シンメトリカルAWDがもたらす安心・信頼の走りと、乗員全員の快適な空間をダイナミックかつソリッドなスタイリングで表現した」とされる。

4ドアセダンでありながら、滑らかなルーフラインを持つボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4930×1940×1500mmで、ホイールベースは2880mm。造形的には、塊感のあるフロントまわりや、フロントフェンダーからリアのコンビランプに向かって引かれるキャラクターライン、コの字を描くランプ類、265/40RZR21サイズの大径タイヤなどが特徴で、ボディーカラーは「Ocean Silver Metallic(オーシャン・シルバー・メタリック)」と呼ばれる、青みがかかったシルバーが採用されている。

インテリアにおいても、エクステリアと共通の“ダイナミックかつソリッドな質感”が表現される。乗車定員は4人。ブラウン基調のレザーにブルーのアクセントを加えたインテリアは、前席・後席それぞれのセンターコンソール部に、スマートフォンのようにタッチ操作ができるマルチインフォメーションディスプレイが備わる。

その他、“シリンダー形状”のメーターや、立体的なデザインの3本スポークステアリングホイール、ドライバー側にオフセットしたシフターなども特徴。運転支援システム「EyeSight」の次世代型も搭載されており、その作動状況は、ヘッドアップディスプレイで確認することができるという。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る