「ミツオカ・ヒミコ」車体色追加&値上げ

2013.11.14 自動車ニュース

「ミツオカ・ヒミコ」ボディーカラー追加&値上げ

光岡自動車は2013年11月14日、2シーターオープンカー「Himiko(ヒミコ)」にマイナーチェンジを施し、同年11月15日に発売すると発表した。

「ミツオカ・ヒミコ」は、「マツダ・ロードスター」をベースに同社が独自のカスタマイズを施したモデルである。

今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新たに「シャンパンシルバーメタリック」を追加。この結果、標準カラーで全5色、30色用意される「カラーオプション」と合わせると、全35色から選べるようになった。

また、グレード体系の見直しも実施。幌(ほろ)タイプの「GUILTY(ギルティ)」がラインナップから外れ、電動式ハードトップの「ARDOR(アルドール)」と「ARDOR本革パッケージ」の2グレードとなった。併せて、ステアリングシフトスイッチがARDORにも標準装備された。

価格は、ARDOR(6AT)が477万7500円、ARDOR本革パッケージ(6AT)が498万7500円。それぞれ従来型より38万7500円と35万7500円の値上げとなっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヒミコの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る