「ミツオカ・ヒミコ」車体色追加&値上げ

2013.11.14 自動車ニュース

「ミツオカ・ヒミコ」ボディーカラー追加&値上げ

光岡自動車は2013年11月14日、2シーターオープンカー「Himiko(ヒミコ)」にマイナーチェンジを施し、同年11月15日に発売すると発表した。

「ミツオカ・ヒミコ」は、「マツダ・ロードスター」をベースに同社が独自のカスタマイズを施したモデルである。

今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新たに「シャンパンシルバーメタリック」を追加。この結果、標準カラーで全5色、30色用意される「カラーオプション」と合わせると、全35色から選べるようになった。

また、グレード体系の見直しも実施。幌(ほろ)タイプの「GUILTY(ギルティ)」がラインナップから外れ、電動式ハードトップの「ARDOR(アルドール)」と「ARDOR本革パッケージ」の2グレードとなった。併せて、ステアリングシフトスイッチがARDORにも標準装備された。

価格は、ARDOR(6AT)が477万7500円、ARDOR本革パッケージ(6AT)が498万7500円。それぞれ従来型より38万7500円と35万7500円の値上げとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る