「ミツオカ・ヒミコ」車体色追加&値上げ

2013.11.14 自動車ニュース

「ミツオカ・ヒミコ」ボディーカラー追加&値上げ

光岡自動車は2013年11月14日、2シーターオープンカー「Himiko(ヒミコ)」にマイナーチェンジを施し、同年11月15日に発売すると発表した。

「ミツオカ・ヒミコ」は、「マツダ・ロードスター」をベースに同社が独自のカスタマイズを施したモデルである。

今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新たに「シャンパンシルバーメタリック」を追加。この結果、標準カラーで全5色、30色用意される「カラーオプション」と合わせると、全35色から選べるようになった。

また、グレード体系の見直しも実施。幌(ほろ)タイプの「GUILTY(ギルティ)」がラインナップから外れ、電動式ハードトップの「ARDOR(アルドール)」と「ARDOR本革パッケージ」の2グレードとなった。併せて、ステアリングシフトスイッチがARDORにも標準装備された。

価格は、ARDOR(6AT)が477万7500円、ARDOR本革パッケージ(6AT)が498万7500円。それぞれ従来型より38万7500円と35万7500円の値上げとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売 2017.9.1 自動車ニュース 日本古来の「武の美」がテーマ。個性派の限定車「ミツオカ・ヒミコ ラン」が登場。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.9.25 試乗記 「スズキ・スイフト」に、独自のフルハイブリッドシステムが搭載された新モデルが登場。2ペダル自動MTとモーターを組み合わせたユニークなパワートレインの見どころと、他のグレードよりさらに上質感を増したドライブフィールを報告する。
ホームへ戻る