ルノーが「コレオス」をマイナーチェンジ

2013.11.15 自動車ニュース
「ルノー・コレオス インテンス」。ボディーカラーは新色の「マロンメタリック」。
「ルノー・コレオス インテンス」。ボディーカラーは新色の「マロンメタリック」。 拡大

ルノーが「コレオス」をマイナーチェンジ

ルノー・ジャポンは2013年11月14日、クロスオーバー車「コレオス」をマイナーチェンジして発売した。

従来よりブランドロゴを強調したフロントデザインとした。
従来よりブランドロゴを強調したフロントデザインとした。
    拡大
ボディカラーは「ブランペルレM<メタリック>」。
ボディカラーは「ブランペルレM<メタリック>」。 拡大
室内各所に木目調パネルを採用。
室内各所に木目調パネルを採用。
    拡大
「コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステムを搭載する。
「コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステムを搭載する。 拡大

■安全装備も強化

新型のフロントデザインはルノーの新デザイン戦略に沿ったもの。従来よりブランドロゴが強調されている。また、安全装備が強化され、「ブラインドスポットワーニング」が採用された。これは、並走する車やオートバイなどが自車に近づくと、警告ランプを点灯させてドライバーに他車の接近を知らせるもの。走行中の死角を減らし、安全性を高めるのが狙い。そのほか、専用設計のBOSEサウンドシステムや助手席4ウェイ電動シートなども装備され、快適性と機能性が高まった。新型の主な新装備は以下のとおり。

・新しいフロントデザイン
・新デザインの18インチ(225/55R18)アロイホイール
・ブラインドスポットワーニング
※35km/h以上で作動。速度差15km/h以内で並走する四輪車または二輪車が、ドライバーの死角から3m以内に近づくと、警告ランプでドライバーに危険を知らせる。
・助手席4ウェイ電動シート
・「ルノー・コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステム(7スピーカー、重低音ウーハー、デジタルアンプ)
・クロムモール付き新形状サイドプロテクター
・センターコンソール、シフトノブ、フロントパワーウィンドウスイッチベース部の木目調表面処理

ボディーカラーは、新色の「マロンメタリック」を含む5色が用意される。グレードは「ルノー・コレオス インテンス」のみとなり、価格は374万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
コレオスルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • オーテックが「キューブ ライダー」の仕様を変更 2018.4.17 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2018年4月17日、「日産キューブ」のカスタマイズドカー「ライダー」の仕様を変更し、販売を開始した。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売 2018.4.5 自動車ニュース ルノーが新型SUV「カジャー」を2018年4月12日に発売すると発表。全長×全幅×全高=4455×1835×1610mmというボディーサイズのCセグメントモデルで、エンジンには1.2リッターターボを採用。グレードはレザーシートなどを備えた「インテンス」のみとなっている。
ホームへ戻る