ルノーが「コレオス」をマイナーチェンジ

2013.11.15 自動車ニュース
「ルノー・コレオス インテンス」。ボディーカラーは新色の「マロンメタリック」。
「ルノー・コレオス インテンス」。ボディーカラーは新色の「マロンメタリック」。

ルノーが「コレオス」をマイナーチェンジ

ルノー・ジャポンは2013年11月14日、クロスオーバー車「コレオス」をマイナーチェンジして発売した。

従来よりブランドロゴを強調したフロントデザインとした。
従来よりブランドロゴを強調したフロントデザインとした。
ボディカラーは「ブランペルレM<メタリック>」。
ボディカラーは「ブランペルレM<メタリック>」。
室内各所に木目調パネルを採用。
室内各所に木目調パネルを採用。
「コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステムを搭載する。
「コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステムを搭載する。

■安全装備も強化

新型のフロントデザインはルノーの新デザイン戦略に沿ったもの。従来よりブランドロゴが強調されている。また、安全装備が強化され、「ブラインドスポットワーニング」が採用された。これは、並走する車やオートバイなどが自車に近づくと、警告ランプを点灯させてドライバーに他車の接近を知らせるもの。走行中の死角を減らし、安全性を高めるのが狙い。そのほか、専用設計のBOSEサウンドシステムや助手席4ウェイ電動シートなども装備され、快適性と機能性が高まった。新型の主な新装備は以下のとおり。

・新しいフロントデザイン
・新デザインの18インチ(225/55R18)アロイホイール
・ブラインドスポットワーニング
※35km/h以上で作動。速度差15km/h以内で並走する四輪車または二輪車が、ドライバーの死角から3m以内に近づくと、警告ランプでドライバーに危険を知らせる。
・助手席4ウェイ電動シート
・「ルノー・コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステム(7スピーカー、重低音ウーハー、デジタルアンプ)
・クロムモール付き新形状サイドプロテクター
・センターコンソール、シフトノブ、フロントパワーウィンドウスイッチベース部の木目調表面処理

ボディーカラーは、新色の「マロンメタリック」を含む5色が用意される。グレードは「ルノー・コレオス インテンス」のみとなり、価格は374万8000円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る