第211回 未来のHondaに先取り試乗!
ホンダの最新技術と、次期型「タイプR」の走りに触れる

2013.11.19 エッセイ

年に1度、報道陣向けの「走る技術博覧会」

東京モーターショーを間近に控えた2013年11月10日、ホンダは本田技術研究所・四輪R&Dセンター(栃木県芳賀郡)で毎年恒例の「ホンダミーティング」を実施した。これは、ホンダが現在開発中の次世代車や新技術を体験できる、報道陣向けのスペシャルイベントだ。普段は厳重に機密保持されているテストコースの各所を使って、朝8時半から夕方5時までの充実の一日だった。

プログラムは大きく4つ。「SPORT HYBRID SH-AWD」や「P-AWS」によるスポーツハンドリングを味わう「ハンドリングファン」、先端電動化技術がもたらす将来像を体感する「エブリデイファン」、事故ゼロを目指す先進安全技術を体験する「アドバンストセーフティー」、そして新パワートレイン搭載車がもたらす爽快な走りを「アクセラレーションファン」で味わった。

試乗車は「アコード」ベースの自動運転車や、発売間近の軽乗用車「N-WGN」、超小型モビリティーの「MC(マイクロコミューター)β」、中国市場向けセダンの「クライダー」、東南アジアやインド市場向けの「ブリオ アメイズ」などさまざまあったが、参加者が口をそろえて「これが今日の目玉だ」と絶賛した一台があった。

説明会場では往年のホンダ車がお出迎え。「シティ ターボ」に「シビック タイプR」、初代「インサイト」と、今から思えば、今回のイベントを象徴するような3台だった。
電動シティーコミューターの「MCβ」。自動運転技術が取り入れられており、タブレット端末で指示するだけで、自動で出庫し、前のクルマに追従走行し、そして自動で駐車……という一連の動作に、思わず脱帽。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ