「水野和敏的視点」 vol.24 レクサスLS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”」

2013.11.15 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.24「レクサスLS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。メルセデス・ベンツの新型「Sクラス」に続いては、わが日本のレクサスの「LS600hL」の最上級モデルをテストする。1500万円級ラグジュアリーハイブリッドサルーンの理想的とは? ミスターGT-Rがさまざまな観点からチェックする。


「水野和敏的視点」 vol.24 レクサスLS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”」の画像

「水野和敏的視点」 vol.24 レクサスLS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”」の画像

「水野和敏的視点」 vol.24 レクサスLS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”」の画像
レクサスLS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5210×1875×1475mm/ホイールベース:3090mm/車重:2380kg/駆動方式:4WD/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:394ps/6400rpm/エンジン最大トルク:53.0kgm/4000rpm/モーター最高出力:224ps/モーター最大トルク:30.6kgm/タイヤ:(前)245/45R19/(後)245/45R19/価格:1550万円
レクサスLS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5210×1875×1475mm/ホイールベース:3090mm/車重:2380kg/駆動方式:4WD/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:394ps/6400rpm/エンジン最大トルク:53.0kgm/4000rpm/モーター最高出力:224ps/モーター最大トルク:30.6kgm/タイヤ:(前)245/45R19/(後)245/45R19/価格:1550万円

世界に打って出るなら“防犯性能”は不可欠

これまで2回にわたり、メルセデス・ベンツの新型「Sクラス」に設定されたハイブリッドモデル「S400ハイブリッド」(テスト車は上級グレードの「エクスクルーシブ」。価格は1270万円)を見てきました。今回は高級ハイブリッドサルーンのパイオニアである「レクサスLS」の最上級モデル「LS600hL“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”」(1550万円)を見ていきましょう。

エクステアリアデザインに関しては、基本的には個人の好き嫌いで構わないと思います。ただし、空力面については話は別です。LS600hLは配慮がなさすぎます。このクラスの車でグローバル販売を考えるなら、高い空力性能はマストといえます。

空力は、例えばセキュリティー(防犯)とも無関係ではありません。日本人は犯罪に対する防犯費用はタダという意識がありますが(聞くところによると、ロールス・ロイスで防弾仕様が販売されていないのは日本だけだとか)、このクラスに乗るVIPにとって“防犯性能”は非常に重要なポイントです。万が一、襲撃されたときに、逃げ切れるだけの性能が要求されるからです。

ですから、ロールス・ロイスもメルセデス・ベンツSクラスも、たとえ危険な雨の日でも、ニュルブルクリンクで後席に人を乗せて全力の走行性能テストをきちんと行っています。ニュルブルクリンクで開発すれば、空力性能が要求されるのは当たり前。そういう背景があって、前回お話ししたSクラスのように、空力性能がきちんと考慮されたデザインが生まれるのです。

さて、LS600hLとS400ハイブリッドを比較してみると、前後バンパーのコーナー処理や、フェンダーオープニングの形状などに違いが見られます。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 【ニューヨークショー2017】次期型「レクサスLS」の“Fスポーツ”登場 2017.4.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月4日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)に、次期「レクサスLS」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」を出展すると発表した。
ホームへ戻る