メルセデス・ベンツS550ロング(FR/7AT)

時代は変わった 2013.11.25 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップセダンに、徳大寺有恒が試乗。これまで数々のメルセデスを乗り継いできた巨匠が、最新の「Sクラス」を語る。

アレにもコレにも乗ってはみたが

松本英雄(以下「松」):今日の試乗車は新型「メルセデス・ベンツSクラス」です。メルセデス、それもフラッグシップのSクラスとなれば、巨匠にご意見番としてご登場していただかなければなりません。

徳大寺有恒(以下「徳」):そうかい?
松:なんたって巨匠は、メルセデスとは縁が深いですからね。
徳:考えてみれば、けっこう乗ってるからな。ほとんどが2ドアモデルだったが。

松:以前にお聞きしたところでは、俗に言うところのタテ目のクーペは3台も乗ったんですよね。「300SE」と、「280SE 3.5」が2台。
徳:タテ目の「SL」も「230」「250」「280」と3台乗った。全部中古だったけど。
松:90年代には4代目の「SL500」や鮮やかなイエローの初代「SLK230コンプレッサー」にも乗られてましたね。『NAVI』誌上で見た記憶があります。
徳:毎度のことながら、よく覚えているなあ(笑)。

松:で、いろいろ乗ったなかで一番気に入ったのは「450SLC 5.0」だったとお聞きしました。SLCは3代目SLのホイールベースを延ばして4人乗りとした、一代限りで終わったモデルですよね。
徳:そう。ボディーが大きからず小さからず適度で、エンジンは5リッターだからパワーは十分だし、いざとなれば4人乗れるので、足としては最適だったんだ。

松:ここまではすべて2ドアモデルですが、巨匠から話を伺った4ドアのメルセデスといえば「300SEL 6.3」ですね。Sクラスとは名乗ってなかったものの、後のSクラスの最上級モデルに相当する300SELのボディーに、フラッグシップだった「600」用の6.3リッターV8を押し込んだ“スーパー・メルセデス”。

徳:あれは強烈なクルマだった。ガソリンスタンドで洗車して、不用意に発進しようとするとぬれたコンクリ床でドリフトしちゃうんだ。
松:メルセデスらしからぬワイルドさですね。0-100km/h加速6.5秒という当時としては驚異的な速さで、ドラッグスターの異名をとったというのもわかります。

徳:ああ。その速さと引き換えに、のべつ後ろから強烈なトルクで押されてるから、シャシーが上方向に「く」の字型に曲がってくるし、ATもトルクに負けて傷みが早かった。タイヤもあっという間に減っちゃうし。
松:でも、その過剰なところが魅力なんでしょう?
徳:そう。ジャジャ馬だったけど、カッコよくて楽しいクルマだった。メルセデスの4ドアで、運転して楽しかったのは、あれしか記憶にないよ。

第6世代となる、最新型の「メルセデス・ベンツSクラス」。日本では2013年8月にデビュー。同年11月にデリバリーが開始された。
第6世代となる、最新型の「メルセデス・ベンツSクラス」。日本では2013年8月にデビュー。同年11月にデリバリーが開始された。

エレガントなクラシック・メルセデスとして人気が高い「タテ目のクーペ」(W111/112)。1961年に「220SEクーペ」(写真)としてデビュー、「300SE」「250SE」「280SE」、そして69年に登場した3.5リッターV8搭載の「280SEクーペ 3.5」などがある。ルーフを取り去った「カブリオレ」も存在する。


    エレガントなクラシック・メルセデスとして人気が高い「タテ目のクーペ」(W111/112)。1961年に「220SEクーペ」(写真)としてデビュー、「300SE」「250SE」「280SE」、そして69年に登場した3.5リッターV8搭載の「280SEクーペ 3.5」などがある。ルーフを取り去った「カブリオレ」も存在する。
徳大寺氏が気に入っていたという「450SLC 5.0」(C107)。オープン2座の3代目「SL」のホイールベースを延ばした4座/5座クーペが「SLC」で、1977年に登場した450SLC 5.0は、ボンネットとトランクリッドをアルミに替え軽量化したボディーに5リッターV8 SOHCを搭載。
徳大寺氏が気に入っていたという「450SLC 5.0」(C107)。オープン2座の3代目「SL」のホイールベースを延ばした4座/5座クーペが「SLC」で、1977年に登場した450SLC 5.0は、ボンネットとトランクリッドをアルミに替え軽量化したボディーに5リッターV8 SOHCを搭載。
1968年に登場した「300SEL 6.3」は、後の「Sクラス」の最上位グレードに相当する300SEL(W109)のボディーに、別格的存在だった「600」用の6.3リッターV8 SOHCを搭載。最高速度220km/h、0-100km/h加速6.5秒を誇る、当時世界最速の4ドアサルーンだった。
1968年に登場した「300SEL 6.3」は、後の「Sクラス」の最上位グレードに相当する300SEL(W109)のボディーに、別格的存在だった「600」用の6.3リッターV8 SOHCを搭載。最高速度220km/h、0-100km/h加速6.5秒を誇る、当時世界最速の4ドアサルーンだった。
新型のリアビュー。前後のコンビランプのみならず、内外に用いられる全ての灯火はLED化されている。夜間の運転や昼間の信号待ちにおいて、ブレーキランプやウインカーの明るさを抑える機能も備わる。
新型のリアビュー。前後のコンビランプのみならず、内外に用いられる全ての灯火はLED化されている。夜間の運転や昼間の信号待ちにおいて、ブレーキランプやウインカーの明るさを抑える機能も備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る