第212回:展示物はクルマからスキー板まで!
ミュンヘンの「ドイツ博物館交通センター」を見学する

2013.11.25 エッセイ
ミュンヘンにある「ドイツ博物館交通センター」には、クルマや鉄道からローラースケートまで、4500点を超える陸上交通手段が納められている。

クルマや鉄道から自転車、そしてスキーやローラースケートまで――ミュンヘンにあるドイツ博物館の交通センター分館には、ありとあらゆる陸上の移動手段が展示されている。自らの栄誉をたたえる自動車メーカーの博物館とは違い、クルマを人間と共にあるものと捉え、その背景にある時代や社会を見せているのがユニークだ。ドイツ車、そしてドイツのクルマ社会をもう一歩踏み込んで理解したい人には、特にお薦めである。(関連記事はこちら)

ホール1のテーマは「都市内交通」。乗用車だけでなく、バスや自転車、路面電車、ヘリコプターなど、都市部の交通のあらゆる側面が再現されている。
昔の自転車店の雰囲気を今に伝える展示。
ホール2のテーマは「旅」。交通手段が発達し、大量輸送が可能になった19~20世紀の旅行文化に焦点を合わせ、さまざまな陸上交通を展示している。
自転車も陸上の移動手段のひとつ。

陸上の乗り物全般を展示

ドイツ・ミュンヘンでの取材が終わり、空港に戻ってきたところで、帰国便までまだだいぶ時間が余っていた。チェックインもできない。どうやって時間をツブそうか考えあぐねていたら、同行の自動車評論家・河村康彦さんにドイツ博物館のクルマ別館があるから行ってみませんかと誘われた。

彼によれば、ミュンヘンにある広大なドイツ博物館は、最近なのか数年前なのか、本館からクルマのための別館を仕立てて分けたのだという。面白そうなので、彼がドイツで乗っている「フォルクスワーゲン・ルポGTI」に乗り換えて行ってみた。

その別館の正式名称は「ドイチェス・ムジウム・フェアケアースツェントルム」(Deutsches Museum Verkehrszentrum/ドイツ博物館交通センター)。場所はマリエンプラッツなどがあるミュンヘン中心部から見て南西に位置している。地下鉄U4もしくはU5のシュヴァンターラーヘーエ(Schwanthalerhöhe)駅のすぐそばだからわかりやすい。

標識に従って敷地内に入っていくと、立派な建物が目に入ってきた。大きなガラス窓から中が透けて見えて、鉄道車両が何台も見えた。
「そうか、クルマだけじゃなくて鉄道も展示しているんだ!」
ここは「陸上の乗り物の博物館」なのだった。

広場を横切っていくと、ガラスで覆われた半円形のエントランスの前に出た。建物本体は古そうだが、モダンなエントランスは後から付け加えられたものだろう。
大人6ユーロの入場料を払って入館。入ってすぐのパネルから、ここが由緒ある展示会場だということがわかった。建てられたのは1908年というから、なんと105年もの歴史を有している。

ここでさまざまな催し物が行われてきたことが、同様にパネルで説明されている。1950年代にはモーターショーも行われていたという。珍しいところでは、観客席を設けてオーケストラを入れ、コンサートまで開かれていたそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ