アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)

価格に見合った価値はある 2013.11.26 試乗記 3代目となるアウディのコンパクトハッチバック「A3」に試乗。新たな機能を多数盛り込んだという新型の使い勝手、そして走りは?

ただようプレミアム感

「アウディA3スポーツバック」を前にしたクルマ好きが素朴に思うこと。または自動車メディアに関わる人間が、なんとか答えをひねりだそうとする問題。それは、「『フォルクスワーゲン・ゴルフ』ではなく、あえてA3を買う理由があるのか?」である。

この日、試乗車を運転してきた編集部のSさんが、あっさり解決してくれた。「だって、見てくださいよ」と、センターコンソール上面から生える5.8インチの液晶ディスプレイに注意を促すと、ダッシュパネルに設けられたボタンを押す。と、液晶はスルスルと下方に吸い込まれ、見えなくなると同時にシャッター状になったふたがサッと閉まる。精緻な動きだ。もう一度ボタンを押すと、シャッター状になったふたがシャッと開いて、液晶がスルスルと上昇する。パッと画面が明るくなったかと思うと、ナビゲーションシステムの地図が表示された。

「どうです?」と胸を張るSさん。「さすがにプレミアムブランドだけあって、動きがスムーズだね。かつてボルボが用いたシステムを洗練させたわけだ」と反応すると、わかってねぇな、という顔をして、Sさんが説明してくれた。
「ゴルフは、まだ純正のナビがセンターコンソールに組み込まれていないんですよ。そのうち対応すると思いますけど、いまのところディーラーオプションでナビを選んで、後付けのディスプレイを追加装備するしかないんです」とのこと。
そうだったのか! さすがにSさん、日々クルマ写真のキャプションを書いているだけのことはある。

……と感心したのだが、A3のアドバンテージは長続きしなかった。ゴルフの国内販売が始まって半年もたたず、件(くだん)のナビゲーションシステムは改善を見た。ディスプレイはしっかりセンターコンソールに埋め込まれ、しかも大きさは8インチだとか! ううむ、アウディA3、あやうし。

水平基調のデザインが採用された、新型「アウディA3」のインテリア。
水平基調のデザインが採用された、新型「アウディA3」のインテリア。
ダッシュボード中央から“生える”カーナビゲーションシステム。新開発された“インフォテインメントシステム”「Audi connect」の働きにより、Google EarthやGoogleストリートビューのイメージを表示することができる。画面のサイズは7インチ。
ダッシュボード中央から“生える”カーナビゲーションシステム。新開発された“インフォテインメントシステム”「Audi connect」の働きにより、Google EarthやGoogleストリートビューのイメージを表示することができる。画面のサイズは7インチ。
テスト車「1.4 TFSI」は、新型「A3スポーツバック」のエントリーグレード。シート形状は他グレードの「スポーツシート」とは異なるスタンダードタイプで、その表皮もファブリックのみとなる。
テスト車「1.4 TFSI」は、新型「A3スポーツバック」のエントリーグレード。シート形状は他グレードの「スポーツシート」とは異なるスタンダードタイプで、その表皮もファブリックのみとなる。
同じフォルクスワーゲングループの7代目「ゴルフ」と、多くのメカニズムを共有する新型「アウディA3スポーツバック」。日本では2013年9月に発売された。
同じフォルクスワーゲングループの7代目「ゴルフ」と、多くのメカニズムを共有する新型「アウディA3スポーツバック」。日本では2013年9月に発売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る