クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)

価格に見合った価値はある 2013.11.26 試乗記 3代目となるアウディのコンパクトハッチバック「A3」に試乗。新たな機能を多数盛り込んだという新型の使い勝手、そして走りは?

ただようプレミアム感

「アウディA3スポーツバック」を前にしたクルマ好きが素朴に思うこと。または自動車メディアに関わる人間が、なんとか答えをひねりだそうとする問題。それは、「『フォルクスワーゲン・ゴルフ』ではなく、あえてA3を買う理由があるのか?」である。

この日、試乗車を運転してきた編集部のSさんが、あっさり解決してくれた。「だって、見てくださいよ」と、センターコンソール上面から生える5.8インチの液晶ディスプレイに注意を促すと、ダッシュパネルに設けられたボタンを押す。と、液晶はスルスルと下方に吸い込まれ、見えなくなると同時にシャッター状になったふたがサッと閉まる。精緻な動きだ。もう一度ボタンを押すと、シャッター状になったふたがシャッと開いて、液晶がスルスルと上昇する。パッと画面が明るくなったかと思うと、ナビゲーションシステムの地図が表示された。

「どうです?」と胸を張るSさん。「さすがにプレミアムブランドだけあって、動きがスムーズだね。かつてボルボが用いたシステムを洗練させたわけだ」と反応すると、わかってねぇな、という顔をして、Sさんが説明してくれた。
「ゴルフは、まだ純正のナビがセンターコンソールに組み込まれていないんですよ。そのうち対応すると思いますけど、いまのところディーラーオプションでナビを選んで、後付けのディスプレイを追加装備するしかないんです」とのこと。
そうだったのか! さすがにSさん、日々クルマ写真のキャプションを書いているだけのことはある。

……と感心したのだが、A3のアドバンテージは長続きしなかった。ゴルフの国内販売が始まって半年もたたず、件(くだん)のナビゲーションシステムは改善を見た。ディスプレイはしっかりセンターコンソールに埋め込まれ、しかも大きさは8インチだとか! ううむ、アウディA3、あやうし。

水平基調のデザインが採用された、新型「アウディA3」のインテリア。
水平基調のデザインが採用された、新型「アウディA3」のインテリア。
    拡大
ダッシュボード中央から“生える”カーナビゲーションシステム。新開発された“インフォテインメントシステム”「Audi connect」の働きにより、Google EarthやGoogleストリートビューのイメージを表示することができる。画面のサイズは7インチ。
ダッシュボード中央から“生える”カーナビゲーションシステム。新開発された“インフォテインメントシステム”「Audi connect」の働きにより、Google EarthやGoogleストリートビューのイメージを表示することができる。画面のサイズは7インチ。
    拡大
テスト車「1.4 TFSI」は、新型「A3スポーツバック」のエントリーグレード。シート形状は他グレードの「スポーツシート」とは異なるスタンダードタイプで、その表皮もファブリックのみとなる。
テスト車「1.4 TFSI」は、新型「A3スポーツバック」のエントリーグレード。シート形状は他グレードの「スポーツシート」とは異なるスタンダードタイプで、その表皮もファブリックのみとなる。
    拡大
同じフォルクスワーゲングループの7代目「ゴルフ」と、多くのメカニズムを共有する新型「アウディA3スポーツバック」。日本では2013年9月に発売された。
同じフォルクスワーゲングループの7代目「ゴルフ」と、多くのメカニズムを共有する新型「アウディA3スポーツバック」。日本では2013年9月に発売された。
    拡大

新たな操作デバイスにも注目

この日試乗したのは、新しいA3スポーツバックのうち、最もベーシックな「A3スポーツバック 1.4 TFSI」(308万円)。1.8リッター直4ターボ(180ps、28.6kgm)搭載の4WDモデル「1.8 TFSIクワトロ」(393万円)はもとより、同じ1.4リッターターボ(140ps、25.5kgm)を積む「1.4 TFSI cylinder on demand」(347万円)より非力なデチューン版(122ps、20.4kgm)である。

アウトプットが小さいうえ、さらに悔しいことがある。気筒休止システムを持たない悲しさ、カタログ燃費の面でも、1.4 TFSI cylinder on demandの20.0km/リッターに対して、1.4 TFSIは19.5km/リッター(いずれもJC08モード)と及ばないことである。まぁ、0.5km/リッターの差なら、実生活のなかでは測定誤差の範囲内だろう。ちなみに、この日、422.5kmを情け無用(!?)で走ったところ、満タン法で12.2km/リッターだった。

さて、2種類の1.4リッターモデルの価格差は、47万円。ベーシックグレードのオーナーが、まず検討すべきオプション装備は、新しいマルチメディアインターフェイスこと「new MMI」(30万円)だろう。コントローラーやスイッチ類を使い、液晶ディスプレイ内の情報と連動して、ナビ/ラジオ/電話/メディアをコントロールできるデバイスだ。

おもしろいのは、丸いコントローラー上面がタッチパッドの役割を持っていることで、指先でなぞって、操作を進められる。そのうえ、文字入力も可能! 惜しむらくは、右ハンドルなので、左手で、しかも日本語を使わなければならないこと。「なんとか実用的」といえるレベルだが、欧州マーケットのように、右手でシンプルなアルファベットを用いるなら、さぞかし使い勝手がいいことだろう。日本の場合、助手席の人がおもしろがって使ってくれることに期待したい!?

先代モデルに比べ、最大60kgの軽量化を実現。減速エネルギーの回生システムを備えるなど、エネルギー効率の高さもセリングポイント。
先代モデルに比べ、最大60kgの軽量化を実現。減速エネルギーの回生システムを備えるなど、エネルギー効率の高さもセリングポイント。
    拡大

アイドリングストップ機構を搭載する1.4リッター直4ターボ。テスト車の燃費値は、19.5km/リッター(JC08モード)。


    アイドリングストップ機構を搭載する1.4リッター直4ターボ。テスト車の燃費値は、19.5km/リッター(JC08モード)。
    拡大
写真中央は、ダイヤル式の「new MMI」のコントローラー。上面の黒い部分はタッチパッドで、指先での文字入力が可能となっている。
写真中央は、ダイヤル式の「new MMI」のコントローラー。上面の黒い部分はタッチパッドで、指先での文字入力が可能となっている。
    拡大
メーターは、左に回転計を、右に速度計を備える2眼式。その間にはマルチインフォメーションディスプレイが置かれる。
メーターは、左に回転計を、右に速度計を備える2眼式。その間にはマルチインフォメーションディスプレイが置かれる。
    拡大

“曲がり”が楽しいコンパクト

もうひとつ、A3のナビゲーションシステムで感心したのは、音声認識機能の認識率の高さだ。「目的地」と言って、ズラズラと住所を述べるだけで設定完了。ボソボソと聞き取りにくいくぐもった声で話しかけても(自分のことです)、しっかり対応してくれる。「21世紀」を実感する瞬間である。ちなみに、「ガソリンスタンド!」「コンビニ!」などと言うと、最寄りの場所を検索してくれる。どこまでこちらの問いかけに応えてくれるか、試して見るのもおもしろかろう。

さらにMMIには、「Audi connect」と名付けられた新機能が含まれる。これは、クルマ自体が無線LANのルーターになるようなもので、車内がWi-Fiスポットとなる。パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット端末が使いやすくなる……とはいっても、通信速度は「3G対応」。音声認識と比較すると(!?)実用度はいまひとつだが、「いつでもドコでもつながりたい」という欲求に応える試みとして、今後に期待したい。

最後に、A3のハンドリングに触れておきたい。高速道路上を、まるで軌道が敷いてあるかのような安定感をもって高速巡航するのが醍醐味(だいごみ)であるアウディ一族にあって、例外的に“曲がり”が楽しいのがA3だ。ステアリング操作に対する前輪のトレース性が高くて、なかなか繊細なハンドリングだ。試乗車は純正の16インチタイヤ装着車ということもあって、適度な軽快感がいい。

パワーは、前述の通り、ゴルフハイラインの140psにも及ばぬ122psだが、デュアルクラッチタイプの7段ATが、エンジンのパワーを上手に拾ってくれるので、非力さを感じない。「もう少し後半の伸びが……」と感じるのは、高速道路での追い越し加速時だが、その場合、法定速度を超過している恐れがあるので、注意した方がいい。

A3スポーツバックは、街なかでは上質感があり、峠ではちょっと夢中になるほど楽しく、それでいて、アウディらしい高速での安定感も備えている。「人はなぜゴルフではなくA3を買うのか?」。理由はさまざまでありましょうが、ひとたびA3スポーツバック1.4 TFSIのオーナーになったなら、「もっと安い値段でゴルフのハイラインが買えたのに……」と後悔することはないはずだ。

(文=青木禎之/写真=峰 昌宏)

後席に腰掛けてみた様子(乗員の身長は、165cm)。
後席に腰掛けてみた様子(乗員の身長は、165cm)。
    拡大

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
トランクルームの容量は、380~1220リッター。床面の高さ調節もできれば、長尺物を積むためのトランクスルー機構も備わる。(写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます)
トランクルームの容量は、380~1220リッター。床面の高さ調節もできれば、長尺物を積むためのトランクスルー機構も備わる。(写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます)
    拡大
アルミホイールのサイズは、「A3スポーツバック」の中で最も小さな16インチ。他グレードは、17インチまたは18インチとなる。
アルミホイールのサイズは、「A3スポーツバック」の中で最も小さな16インチ。他グレードは、17インチまたは18インチとなる。
    拡大

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

テスト車のデータ

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4325×1785×1465mm
ホイールベース:2635mm
車重:1320kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最大出力:122ps(90kW)/5000-6000rpm
最大トルク:20.4kgm(200Nm)/1400-4000rpm
タイヤ:(前)205/55R16 91W/(後)205/55R16 91W(コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト5)
燃費:19.5km/リッター(JC08モード)
価格:308万円/テスト車=373万5000円
オプション装備:オプションカラー<メタリック/パールエフェクト>(6万5000円)/コンビニエンスパッケージ<アウディ パーキングシステム(フロント/リア)+リアビューカメラ+アドバンストキーシステム>(21万円)/MMIナビゲーションシステム(30万円)/アダプティブクルーズコントロール(アウディ ブレーキガード機能付き)(8万円)

テスト車の走行距離:1351km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(7)/山岳路(3)
テスト距離:422.5km
使用燃料:34.5リッター
参考燃費:12.2km/リッター(満タン法)

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI
アウディA3スポーツバック1.4 TFSI
    拡大

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
A3スポーツバックアウディ試乗記

あなたにおすすめの記事