アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)

止まらぬ進化 2013.11.20 試乗記 レーシングカーと限定生産のスーパースポーツカー「One-77」を除けば、史上最速のアストン・マーティンとうたわれる「V12ヴァンテージS」。その走りをアメリカ、カリフォルニアのパームスプリングスで試した。

いよいよ573psへ

ブリティッシュスポーツカーの名門、アストン・マーティンは今年、創立から100年目を迎えた。その生みの親であるロバート・バムフォードとライオネル・マーティンが、ロンドンの一角にアストン・マーティンの前身といえるバムフォード&マーティン・エンジニアーズを設立したのが、今からちょうど100年前の1913年なのである。

その記念すべき年に、4ドアの「ラピードS」をはじめとして、アストン・マーティンは例年にも増して多くのニューモデルを世に出したが、その後半に「ヴァンキッシュ ヴォランテ」とともに登場したのが「V12ヴァンテージS」である。これは、現行アストンで最もコンパクトな「V8ヴァンテージ」のボディーのエンジンルームに、「DB9」系列と基本は同じ5.9リッターV12エンジンを押し込んだ、「V12ヴァンテージ」の発展進化型といえるクルマだ。

従来型たるV12ヴァンテージとの相違点は多岐にわたるが、ドライビングに直接かかわる重要なポイントは以下の3点に集約できる。まずエンジンが、同じ5935ccの排気量からパワーは517psから573psに、トルクは570Nm(58.1kgm)から620Nm(63.2kgm)に、増強された。このエンジンのチューンには、CNC旋盤で切削加工した燃焼室や中空カムシャフトなど、モータースポーツで培われた技術がフィードバックされているという。

ポイントその2はトランスミッションで、V12ヴァンテージの3ペダル6段MTに対して、ヴァンテージSにはシングルクラッチながら2ペダルの電子制御7段MTが与えられた。イタリアのグラツィアーノ製ギアボックスをベースにしたこれは、従来型の3ペダル6段MTより25kg軽量であることも、大きなメリットになっている。

ポイントその3は、サスペンションが電子制御の3ステージ・アダプティブダンピングシステムを採用したことだ。「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3ステージが選択可能なそれは、新たにZFサーボトロニックパワーアシストを採用したパワーステアリングのアシストレベルとも連動して作動するという。

試乗の舞台はアメリカ。砂漠の中のリゾート地、カリフォルニア州のパームスプリングスで国際試乗会が開催された。
試乗の舞台はアメリカ。砂漠の中のリゾート地、カリフォルニア州のパームスプリングスで国際試乗会が開催された。
「V12ヴァンテージS」は「V12ヴァンテージ」の後継モデルとなる。最高出力が517psから573psへ強化された。
「V12ヴァンテージS」は「V12ヴァンテージ」の後継モデルとなる。最高出力が517psから573psへ強化された。
エンジンルームにぎっしりと詰まった5.9リッターV12は573psと63.2kgmを発生。量産型アストン・マーティン史上最速とうたわれる。
エンジンルームにぎっしりと詰まった5.9リッターV12は573psと63.2kgmを発生。量産型アストン・マーティン史上最速とうたわれる。
タイヤサイズは前が255/35ZR19、後ろが295/30ZR19。ピレリPゼロ コルサを装着している。
タイヤサイズは前が255/35ZR19、後ろが295/30ZR19。ピレリPゼロ コルサを装着している。
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【海外試乗記】 2013.11.20 試乗記 レーシングカーと限定生産のスーパースポーツカー「One-77」を除けば、史上最速のアストン・マーティンとうたわれる「V12ヴァンテージS」。その走りをアメリカ、カリフォルニアのパームスプリングスで試した。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場NEW 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る