アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)

止まらぬ進化 2013.11.20 試乗記 レーシングカーと限定生産のスーパースポーツカー「One-77」を除けば、史上最速のアストン・マーティンとうたわれる「V12ヴァンテージS」。その走りをアメリカ、カリフォルニアのパームスプリングスで試した。

いよいよ573psへ

ブリティッシュスポーツカーの名門、アストン・マーティンは今年、創立から100年目を迎えた。その生みの親であるロバート・バムフォードとライオネル・マーティンが、ロンドンの一角にアストン・マーティンの前身といえるバムフォード&マーティン・エンジニアーズを設立したのが、今からちょうど100年前の1913年なのである。

その記念すべき年に、4ドアの「ラピードS」をはじめとして、アストン・マーティンは例年にも増して多くのニューモデルを世に出したが、その後半に「ヴァンキッシュ ヴォランテ」とともに登場したのが「V12ヴァンテージS」である。これは、現行アストンで最もコンパクトな「V8ヴァンテージ」のボディーのエンジンルームに、「DB9」系列と基本は同じ5.9リッターV12エンジンを押し込んだ、「V12ヴァンテージ」の発展進化型といえるクルマだ。

従来型たるV12ヴァンテージとの相違点は多岐にわたるが、ドライビングに直接かかわる重要なポイントは以下の3点に集約できる。まずエンジンが、同じ5935ccの排気量からパワーは517psから573psに、トルクは570Nm(58.1kgm)から620Nm(63.2kgm)に、増強された。このエンジンのチューンには、CNC旋盤で切削加工した燃焼室や中空カムシャフトなど、モータースポーツで培われた技術がフィードバックされているという。

ポイントその2はトランスミッションで、V12ヴァンテージの3ペダル6段MTに対して、ヴァンテージSにはシングルクラッチながら2ペダルの電子制御7段MTが与えられた。イタリアのグラツィアーノ製ギアボックスをベースにしたこれは、従来型の3ペダル6段MTより25kg軽量であることも、大きなメリットになっている。

ポイントその3は、サスペンションが電子制御の3ステージ・アダプティブダンピングシステムを採用したことだ。「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3ステージが選択可能なそれは、新たにZFサーボトロニックパワーアシストを採用したパワーステアリングのアシストレベルとも連動して作動するという。

試乗の舞台はアメリカ。砂漠の中のリゾート地、カリフォルニア州のパームスプリングスで国際試乗会が開催された。
試乗の舞台はアメリカ。砂漠の中のリゾート地、カリフォルニア州のパームスプリングスで国際試乗会が開催された。
「V12ヴァンテージS」は「V12ヴァンテージ」の後継モデルとなる。最高出力が517psから573psへ強化された。
「V12ヴァンテージS」は「V12ヴァンテージ」の後継モデルとなる。最高出力が517psから573psへ強化された。
エンジンルームにぎっしりと詰まった5.9リッターV12は573psと63.2kgmを発生。量産型アストン・マーティン史上最速とうたわれる。
エンジンルームにぎっしりと詰まった5.9リッターV12は573psと63.2kgmを発生。量産型アストン・マーティン史上最速とうたわれる。
タイヤサイズは前が255/35ZR19、後ろが295/30ZR19。ピレリPゼロ コルサを装着している。
タイヤサイズは前が255/35ZR19、後ろが295/30ZR19。ピレリPゼロ コルサを装着している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る